TOP > カテゴリ > Java・Android >

Javaの外部ライブラリの作成、使用方法(JARファイル)

Javaの使い方(目次)

目次

1. 外部ライブラリの作成
2. 外部ライブラリの使用方法

1. 外部ライブラリの作成

新規に「Javaプロジェクト」(プロジェクト名は任意)を作成します。

次にパッケージを「com.petitmonte.lib」で作成します。

Calcクラスを作成します。

パッケージエクスプローラーは次のようになります。

Calc.javaのコードを入力します。

package com.petitmonte.lib;

public class Calc {
    public static int add(int a,int b) {
        return a + b;
    }
}

次にパッケージエクスプローラーの「Javaプロジェクトのアイコン」(上図ではtest2)の上で右クリックをして「エキスポート」を選択します。

「JARファイル」を選択して次へボタンを押します。

「JARファイル」のエキスポート先(保存先)を入力します。

完了ボタンを押すと外部ライブラリの作成が完了です。

※このプロジェクトは用済みですので、パッケージエクスプローラーで削除しても構いません。

2. 外部ライブラリの使用方法

外部ライブラリを使用する側の「Javaプロジェクトのアイコン」の上で右クリックをして「プロパティ」を選択します。

左メニューの「Javaのビルド・パス」を選択します。次に「ライブラリー」タブを選択。「外部JARの追加」ボタンがありますので、そちらで先ほどのJARファイルを選択します。

「適応して閉じる」ボタンを押します。パッケージエクスプローラーに「参照ライブラリ」が追加されていればOKです。

次にメインのコードを次のようにします。

import com.petitmonte.lib.Calc;

public class Main {

    public static void main(final String[] args){
        System.out.println(Calc.add(1, 2));
    }
}

実行結果が「3」の場合は外部ライブラリの呼び出しに成功です。





関連記事



公開日:2018年05月06日
記事NO:02646