TOP > カテゴリ > Excel >

シート、ブックの保護とファイルの共有設定をする[Excelの基本操作(中級)]

事前準備

図のようにエクセルに値を入力してください。

次にファイルを適当な名前を付けて保存します。

操作対象

リボンの「校閲(こうえつ)」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

シートの保護

シートを保護します。
「シートの保護とセルのロックを設定する」と同様です。

ブックの保護

ブックのシート構成を保護します。シートの追加、削除などができなくなります。解除するにはもう一度「ブックの保護」をクリックしてパスワードを入力します。

ブックの共有

「ブックの共有」アイコンを押すと「ブックの共有」ウインドウが表示されますので、「複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する」をオンにします。

OKボタンを押すとブックが共有されます。解除するには「複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する」をオフにします。

ブックの保護と共有

ブックの共有での「変更履歴」を共有するかどうかを設定する事が出来ます。

変更履歴の記録

まず、ブックを共有にしてC3のセルに「ワトソン」を入力します。次にファイルを上書き保存します。

変更箇所の表示

次に「変更箇所の表示」をクリックして変更日を「未確認」に設定します。

OKボタンを押すと変更箇所が紫色で表示されます。

変更箇所の確認

今度は「変更箇所の確認」をクリックして変更日を「未確認」に設定します。

OKボタンを押すと変更箇所が確認できます。

範囲の編集を許可

先程の「ブックの共有」を解除します。解除するには「ブックの共有」アイコンをクリックして「複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する」をオフにします。

B2からC3のセルを範囲で選択します。

「範囲の編集を許可」アイコンをクリックします。すると「範囲の編集の許可」ウインドウが表示されます。

右上にある「新規」ボタンをクリックします。そして範囲パスワードに「123」を入力してOKボタンを押します。

「範囲の編集の許可」ウインドウが表示されますのでOKボタンを押します。

次に「シートの保護」をします。パスワードは「098」とします。

これで設定は完了です。

B2からC3のセルを選択して適当に入力してみます。すると「範囲のロック解除」ウインドウが表示されます。

このように「範囲の編集を許可」では指定した範囲にパスワードを設定する事が可能です。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年04月28日
記事NO:00810