TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

アナログジョイスティック(2軸)の使い方 [Arduino]

X/Y軸のアナログジョイスティックの使い方です。

ジョイスティックの操作方向は「上、下、左、右、中央(デフォルト)、右上、右下、左下、左上」の8方向の操作が読み取れます。

使用部品・材料

総額で約520円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
アナログジョイスティックDIP化キット JT8P-3.2T-B10K-1-16Y¥250秋月電子の通販コード(K-10263)

配線図

XY軸は次のようになっています。

スケッチ(プログラム)

ジョイスティックを操作すると操作方向をシリアルモニターに表示します。

int middle_hi;
int middle_lo;

void setup() {
  Serial.begin(9600);

  // 誤差20%の中央範囲
  middle_hi = (int)((1024.0 / 2.0) + (512.0 * 0.20));
  middle_lo = (int)((1024.0 / 2.0) - (512.0 * 0.20));
}
void loop() {
  int x = analogRead(A0);
  int y = analogRead(A1);

  // X軸
  Serial.print("X軸:");
  if (x >= middle_hi) {
    Serial.print("左");
  } else if (x >= middle_lo && x <= middle_hi) {
    Serial.print("中");
  } else {
    Serial.print("右");
  }
  Serial.print("(");
  Serial.print(x);
  Serial.print(") ");
  
  // Y軸
  Serial.print("Y軸:");
  if (y >= middle_hi) {
    Serial.print("下");
  } else if (y >= middle_lo && y <= middle_hi) {
    Serial.print("中");
  } else {
    Serial.print("上");
  }
  Serial.print("(");
  Serial.print(y);
  Serial.println(") ");

  delay(300);
}

最後に

今回は「公式のデータシート」が中国語と英語で非常にわかりにくかったので、色々と試行錯誤した結果です。





関連記事



公開日:2017年06月29日
記事NO:02444