TOP > カテゴリ > Java・Android >

Android StudioのインストールとHello Worldまでの一連の流れ

Android Studioの使い方(目次)

目次

1. インストール
  1-1. Android Studioのインストール
  1-2. SDKのインストール
  1-3. HAXM installation failed
2. プロジェクトの作成
3. Android Studioの日本語化
4. AVDの設定(エミュレーター)
  4-1. AVDの作成と初期設定
  4-2. エミュレーターでのHello World
5. USBデバッグ(実機によるテスト)
  5-1. ドライバのインストール
  5-2. 実機でのHello World
6. APKの配布(野良アプリ)

1. インストール

最初にAndroid Studioをダウンロードします。

Android Studio
https://developer.android.com/studio/?hl=JA

1-1. インストール

ダウンロードしたら実行します。

デフォルトのままでOK。

インストール先のフォルダ名を設定します。(デフォルトのままでOK)

スタートメニューの設定。(デフォルトのままでOK)

インストールの開始です。

インストールの完了です。「Start Android Studio」をオンにしてFinishボタンを押します。

Android Studioの初期設定です。「Do not import settings」を選択してOKボタンを押します。

Nextボタンを押します。

「Standard」を選択してNextボタンを押します。

ユーザーインターフェイス(UI)のテーマを選択します。今回は「InteliJ」にします。

次画面で赤文字の「HAXM installation failed. To install HAXM follow the instructions found at: https://software.intel.com/android/articles/installation-instructions-for-intel-hardware-accelerated-execution-manager-windows」というエラーが出る場合は、とりあえず先に進みます。

1-2. SDKのインストール

右下のconfigureを選択して「SDK Manager」を選択します。

Android5.0から最新版のAndroidまでオンにします。(例では5.0~8.1)。次に画面右下にある「Show Package Details」を選択します。

※必要なければ最新バージョンを1つだけでもOK。(後でダウンロード可能)

Android8.0のGoogle APIs Intel x86 Atom System Imageを選択。

これはAndroid仮想デバイス(AVD)で使用するファイルで約2.4GBあります。今回は8.0にしますが、最新版でもOKです。(後でダウンロード可能)

※ファイルが大きいので、今回は1つのバージョンのみにしています。

次に「SDK Tools」タブを選択します。「ConstraintLayout for Android」「Solver for ConstraintLayout」「Google USB Driver」を追加でオンにします。全部で次のようになります。

Android SDK Build-Tools バージョン名
Android Emulator
Android SDK Platform-Tools
Android SDK Tools
Google USB Driver
Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM installer)
ConstraintLayout for Android
Solver for ConstraintLayout
Android Support Repository
Google Repository

「android-sdk-license」と「android-sdk-preview-license」の両方とも「Accept」を押してNextボタンを押します。

※左のTreeViewを適当に選択すると表示されます。

Finishで完了です。

1-3. HAXM installation failed

インストールの途中で「HAXM installation failed」という赤文字のエラーが発生した方はこの節をご覧下さい。(もしかすると、必ずなるのかも?)

PCを落として、BIOSでIntel Virtualization Technologyを有効にします。

※私の場合は最初から有効でした。
※BIOSは電源投入後に直ぐにF2キーまたはDELキーなどを押し続けると表示されます。

そして、C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Android\Sdk\extras\intel\Hardware_Accelerated_Execution_Managerにある「intelhaxm-android.exe」を実行すればOKです。

WindowsがPro版の場合はコントロールパネルの[プログラムと機能][Windowsの機能の有効化または無効化]で「Hyper-V機能」を無効にする必要があるようです。

2. プロジェクトの作成

「Start a new Android Studio project」を選択する。

Application nameは「My Application」。Company domainは「android.petitmonte.com」とする。(任意)

デバイスの選択と、最小SDKを選択します。(デフォルトのままでOK)

テンプレートはデフォルトの「Empty Activity」を選択します。

デフォルトのままでOK。

しばらく待ちます。

やっと、Android Studioが起動しました。

3. Android Studioの日本語化

Android Studioのメニューなど全般を日本語にします。

Pleiades(ぷれあです)
http://mergedoc.osdn.jp/

Pleiadesプラグインをダウンロードします。

ダウンロードしたら7-Zipで展開(解凍)してから、setup.exeを実行します。

※7-Zip以外で展開すると失敗する場合がありますのでご注意下さい。

そして、「選択...」ボタンで

C:\Program Files\Android\Android Studio\bin\studio64.exe

を選択します。

「日本語化する」ボタンを押せばOKです。後はAndoid Studioを再起動すれば日本語化されます。

4. AVDの設定(エミュレーター)

AVD(Android Virtual Device)はAndroid仮想デバイスです。

4-1. AVDの作成と初期設定

ツールバーからAVDマネージャーを開きます。

「仮想デバイスの作成」をクリックします。

デフォルトの[Phone][Nexus 5X]を選択します。(5.2インチ)

「X86 イメージ」タブでOreoを選択します。

左下の「デバイスフレームを使用可能にする」をオフにします。(任意)

作成したAVDが表示されます。リストをダブルクリックします。

AVDが起動します。赤枠の部分をタップします。

Settingをタップします。

[System][Languages & input][Languages][add a language][日本語]を選択します。

赤枠を上にドロップします。

日本語が上になればOK。

前画面に戻る。そして、[仮想キーボード][キーボードを管理]で「Japanese IME」をオンにする。

今度はシステム画面まで戻ります。[日付と時刻]の「タイムゾーンの自動設定」をオフにする。次に[タイムゾーンの選択]で「日本標準時」を選択する。

AVDの設定完了です。

4-2. エミュレーターでのHello World

それで、やっとここでHello Worldを行います。Android Studioのメニューの[実行][実行]を押します。OKボタンを押します。

しばらく待つと、エミュレーターが次のようになります。

※停止するにはメニューの[実行][appの停止]で停止して下さい。

これでエミュレーターのHello Worldは完了です。次は実機でテストします。

5. USBデバッグ(実機によるテスト)

PCとスマホをケーブルで接続します。この時にドライバが自動でインストールされていればOKです。5-2に進んでください。

ドライバが自動でインストールされない場合は次節の5-1をご覧下さい。

5-1. ドライバのインストール

Winメニューの[コンピューター]を右クリックで「プロパティ」を開きます。次にデバイスマネージャーを起動します。この時に次のような「不明なデバイス」になっていると思います。

対象のデバイスの「ドライバの更新」をします。ファイルのパスは

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Android\Sdk\extras\google\usb_driver

です。

Android Deviceを選択します。

Android ADB Interfaceを選択します。

これでOKです。

5-2. 実機によるHello World

次にスマホの[設定][端末情報]の「ビルド番号」を7回連続タップします。その後に、前画面に戻ると「開発者向けオプション」が追加されています。

「開発者向けオプション」をオンにして「USBデバッグ」をオンにします。

※Android8以降は[設定][システム]の中に端末情報があります。

次にAndroid Studioのメニューで[実行][実行]を押します。

実機を選択してOKボタンを押せば、開発中のアプリがスマホにインストールされて実行されます。Hello Worldが表示されているはずです。

6. APKの配布(野良アプリ)

APKファイルの作成

メニューの[ビルド][プロジェクトの再ビルド]を押します。

C:\Users\ユーザー名\AndroidStudioProjects\MyApplication\app\build\outputs\apk\debug

app-debug.apk

があります。これがAndroidアプリです。

※これはデバッグ版です。リリース版の野良アプリはインストできません。

スマホ側の設定

これをAndroid側でインストールする為には[設定][セキュリティ]の[情報セキュリティ][提供不明のアプリ]をオンにします。

※インストール後は必ずオフにして下さい。
※Android8以降は設定が異なります。

ファイルの受け渡し

URL経由かスマホにローカルコピーしてインストールします。



以上となります。お疲れ様でした。





関連記事



公開日:2018年05月14日
記事NO:02653