TOP > カテゴリ > Excel >

HLOOKUP関数の使い方 - 指定された行の値に対応する配列の値を返す[Excelの関数]

HLOOKUP関数

ExcelのHLOOKUP関数は指定された行の値に対応する配列の値を返します。読み方は「エイチルックアップ」です。「エイチ」は「Horizontal(ホリゾンタル)」で水平という意味です。

分類検索/行列

HLOOKUP関数を使用可能なExcelのバージョン
Excel2000、Excel2002、Excel2003、Excel2007、Excel2010、Excel2013、Excel2016

書式

HLOOKUP(検査値,範囲,行番号,[検索方法])

[検索方法]を省略した場合はTRUEで「近似値検索」となります。FALSEを指定した場合は「完全一致検索」となります。

※「近似値検索」の検索結果は予期せぬ結果となる可能性が高い為、FALSEの「完全一致検索」をおすすめします。

使い方

[使用例]

[数式の結果]

検索/行列関数の一覧

CHOOSE対象の値と同等な値をリスト(値1,値2,値3...)から一つ返す。
COLUMNセル参照の列番号(1,2,3...)を返す。
ROWセル参照の行番号(1,2,3...)を返す。
MATCH検査範囲の検査値の位置を返す。
INDEX指定された行数と列数の位置にあるセルを返す。
OFFSET指定された行数と列数をシフトした位置にあるセルを返す。
LOOKUP指定された値に対応する配列の値を返す。
HLOOKUP指定された行の値に対応する配列の値を返す。
VLOOKUP指定された列の値に対応する配列の値を返す。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。


公開日:2015年06月01日
記事NO:00992