TOP > カテゴリ > Excel >

データの合計、平均、個数、最大値、最小値を取得する[Excelの基本操作(初級)]

事前準備

図のようにエクセルに値を入力してください。

操作対象

リボンの「ホーム」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

合計

A2、A3、A4を選択してから「合計」をクリックします。

A5には「18」と表示されました。これは「1+6+11」で「18」となっています。A5を選択して数式ボックスを見てみるとSUM関数が使用されている事がわかります。

選択セルが緑の点線になっている場合はESCキーを押すと解除されます。

数式の基本的な操作は「セルの値を合計(SUM)する」をご覧ください。

平均

B2、B3、B4を選択してから「平均」をクリックします。

B5には「7」と表示されました。これは「(2+7+12)÷3」で「7」となっています。B5を選択して数式ボックスを見てみるとAVERAGE関数が使用されている事がわかります。

数値の個数

C2、C3、C4を選択してから「数値の個数」をクリックします。

C5には「3」と表示されました。これはデータの個数が3個で「3」となっています。C5を選択して数式ボックスを見てみるとCOUNT関数が使用されている事がわかります。

最大値

D2、D3、D4を選択してから「最大値」をクリックします。

D5には「14」と表示されました。これは「4、9,、4」の中で一番大きい値の「14」となっています。D5を選択して数式ボックスを見てみるとMAX関数が使用されている事がわかります。

最小値

E2、E3、E4を選択してから「最小値」をクリックします。

E5には「5」と表示されました。これは「5、20、15」の中で一番小さい値の「5」となっています。E5を選択して数式ボックスを見てみるとMIN関数が使用されている事がわかります。

その他の関数

「その他の関数」をクリックすると「関数の挿入」ウインドウが表示されます。ここでは関数の検索、関数の分類から使用する関数を選択して数式を挿入します。

関数に関しては「Excelのワークシート関数」で全ての関数を解説します。

ここで紹介した関数は基本的なものです。基本的な関数ですが最低限、SUM関数だけを覚えておけば良いです。その他の関数は「基本操作(初級、中級、上級)」が完了して余裕が出来てから覚えましょう!

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2015年04月20日
記事NO:00765