TOP > カテゴリ > Python・人工知能・機械学習 >

モジュールとパッケージ [Python]

Python/TensorFlowの使い方(目次)

モジュール(ファイル)には「関数やクラスを定義」します。パッケージは「複数のモジュールを1つ」にまとめたものです。

この記事はWindowsでJupyter Notebookを使用している際の手法です。他の環境の場合は適宜、読み替えてください。

モジュールの作成と使用方法

テキストエディタに次のコードをコピペしてcalc.pyとして保存します。

[calc.py] ※文字コードはUTF8。

class Calc:
    def __init__(self, a, b):
        self.a = a
        self.b = b
    def run(self):
        return self.a + self.b

そのファイルをC:\Users\ユーザー名\に移動します。 このフォルダはWindowsでのJupyter NotebookのHomeフォルダです。

次にJupyter NotebookでHomeフォルダにある「Untitled.ipynb」を開き次のコードを実行します。(---以下は実行結果)

[Untitled.ipynb]

import calc
 
obj = calc.Calc(1, 2)
obj.run()
---
3

これで、モジュールの作成と使用方法は完了です。

※Jupyter Notebookで実行する場合はcalc.pyとUntitled.ipynbが同じフォルダにある必要があります。Untitled.ipynbがHomeにない場合は[New][Python3]で作成してください。

パッケージの作成と使用方法

パッケージの実体はフォルダです。パッケージは複数のモジュールをフォルダでまとめるだけです。

C:\Users\ユーザー名\に「papy」フォルダを作成して、さきほどのcalc.pyを移動します。

C:\Users\ユーザー名\papy\calc.py

後は、次のように呼び出します。

[Untitled.ipynb] パターン1

import papy.calc

obj = papy.calc.Calc(1, 2)
obj.run()
---
3

[Untitled.ipynb] パターン2

from papy import calc

obj = calc.Calc(1, 2)
obj.run()
---
3

※ちなみに、testというパッケージ名は使用できないようです。





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2018年07月03日 最終更新日:2018年08月24日
記事NO:02689