TOP > カテゴリ > Python・人工知能・機械学習 >

Python開発環境のインストールとHello Worldまでの一連の流れ

Python/TensorFlowの使い方(目次)

データサイエンス向け(機械学習やAIのディープラーニングなど)のPythonパッケージである「Anaconda」をインストールします。

AnacondaにはPython本体が含まれています。その他に「Jupyter Notebook」というPythonのコードをブラウザでテスト&実行する事が可能な便利なツールなどが同梱されています。

ダウンロード

Python 3.x系をダウンロードします。
https://www.anaconda.com/download/
※Python 2.xのサポートは2020年迄です。

インストール

「Just Me」(私だけ)を選択する。

デフォルトのまま。

Visual Studio Codeは「Skip」を選択する。

Hello World - python.exe版

C:\Users\ユーザー名\Anaconda3\

にある「python.exe」を実行します。

次に

"Hello World"

を入力してエンターキーを押します。

Hello Worldが出力されましたね。

次に

1+2+3

を入力してエンターキーを押します。

これでpython.exeによるHello Worldは完了です。

Hello World - Jupyter Notebook版

Jupyter Notebookを使用するには「Anaconda Navigator」を起動します。

中央にある「Jupyter Notebook」の「Launch」をクリックします。

ブラウザにJupyterが表示されます。[Files]の初期状態はC:\Users\ユーザー名\を表示しています。

右側にある[New][Python3]を選択すると「Untitled.ipynb」がC:\Users\ユーザー名\に作成されます。

In[]:に

"Hello World"

を入力して「▶RUN」アイコンをクリックします。

次に

1+2+3

を入力して「▶RUN」アイコンをクリックします。

このJupyterでは一つのIn[]に対して一つの出力(Out[])となります。

ファイルを保存するにはツールバーの一番左のアイコンです。このプロセスを終了するには[File][Close and Halt]で終了させます。

ブラウザの「X」で終了させると、Webページは終了してもPythonのプロセスが残ってしまいます。プロセスは「Running」タブで確認できます。

先ほどの「Untitled.ipynb」のファイルを開くには[Files]タブのUntitled.ipynbをクリックします。

最後に変数を使ってみます。次をIn[]に入力してRUNアイコンを押します。

xxx = "こんにちは"
xxx

また、コードは次のように別々のIn[]に分けて記述する事も可能です。

※この場合は上から順にRUNで実行していく必要があります。

以上となります。次回からはパイソンの基本をご紹介していきます。





関連記事



公開日:2018年06月24日 最終更新日:2018年08月24日
記事NO:02680