TOP > カテゴリ > Excel >

操作アシスト[Excel2016]

Excel2016の新機能である「操作アシスト」機能の使い方です。

操作対象

リボンの共通で青線で囲まれた部分を使用します。

操作アシストの使い方

操作アシストはリボンのタブの右にある「実行したい作業を入力してください...」という所にあります。

例えば「保存」と入力すると「名前を付けて保存」や「上書き保存」などのメニューが表示されます。

このサブメニューをクリックするとその動作が実行されます。Excelの操作に慣れていない方などにとっては便利な機能だと思います。

※Office2000ぐらいに時にユーザーのアシストをしていたイルカの「カイル」くんと同様な機能みたいです。個人的には「カイル」くんを復活させて欲しかったです:-)

操作アシストの入力候補

今度は操作アシストに「けいせん」を入力します。

次は「罫線」と漢字を入力します。

どうやら、操作アシストは「漢字」は認識するが「ひらがな」は認識しないようです。今後の機能拡張に期待しましょう。

Excel2016

[初級]
操作アシスト機能
[グラフ]
ウォーターフォール
ツリーマップ
サンバースト
ヒストグラム
パレート図
箱ひげ図
[予測]
予測パレット
[クエリ]
新しいクエリ/クエリの結合・追加
テーブルからクエリ/クエリツール
クエリエディター
クエリとVBA

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年10月01日 最終更新日:2015年10月08日
記事NO:01406