TOP > カテゴリ > Excel >

What-if分析(シナリオ/ゴールシーク/データテーブル)の使い方[Excelの基本操作(上級)]

事前準備

図のようにエクセルに値を入力してください。

データを入力するのが大変な方は下記からダウンロードできます。
excel_basicoperation_al_25.xlsx 10.5 KB (10,847 バイト)

※データを手入力する場合はC7に「=SUM(C4:C6)」、B15に「=C13*C12」の数式を入力してください。

操作対象

リボンの「データ」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

シナリオの登録と管理

C4のセルを選択して「シナリオの登録と管理」アイコンをクリックします。すると「シナリオの登録と管理」ダイアログが表示されます。

次に追加ボタンを押します。「シナリオの追加」ダイアログが表示されますので「シナリオ名」に「初期値」を「変化させるセル」に「C4」を設定します。

OKボタンを押すと「シナリオの値」が表示されますので「値」に「1」を入力してOKボタンを押します。

「シナリオの登録と管理」に「初期値」というシナリオが登録されました。

もう一つシナリオを登録しますので「追加」ボタンを押します。「シナリオ名」に「値を5にする」を「変化させるセル」に「C4」を設定します。

OKボタンを押して「値」に「5」を入力します。

OKボタンを押すとシナリオに登録されました。

ここでシナリオを実行します。

図のようにシナリオの「値を5にする」を選択してください。

次に下部にある「表示」ボタンを押します。

C4のセルが「5」に変化しましたね。

次にシナリオの「初期値」を選択して「表示」ボタンを押してください。

C4のセルが「1」に変化しましたね。

このようにシナリオは任意の値を変化させる事ができます。

ゴールシーク

C7のセルを選択して「ゴールシーク」アイコンを押します。「ゴールシーク」ダイアログの「数式入力セル」に「C7」、「目標値」に「100」、「変化させるセル」に「$C$4」を入力します。

OKボタンを押すとC7が「100」になるまで「$C$4」のセルを自動で変化させます。

ゴールシークは数式が目標値になるまで対象のセルを自動計算します。

「$C$4」などの絶対参照は「相対参照と絶対参照($マーク)、複合参照について」をご覧ください。

データテーブル

ここでは「所得金額」に「所得税率」を掛けて「所得税の金額」を自動で計算します。※B16からB19のセルが「所得金額」、C15からF15が「所得税率」、C16からF19が「所得税の金額」となります。

まずはB15からF19までのセルを範囲で指定します。

次に「データテーブル」アイコンをクリックします。「データテーブル」ダイアログが表示されますので図のように入力します。

OKボタンを押すと空欄に「所得税の金額」が自動で計算されます。

データテーブルは行列と数式を用いてテーブルに値を自動計算します。

※ここでの「行」はC15からF15、「列」はB16からB19のセルです。


※ここでの「数式」はB15のセルです。


※ここでの「テーブル」はC16からF19までのセルです。

データテーブルをクリアするには「テーブル」部分を選択して右クリックで表示される「数式と値のクリア」でクリア可能です。

データテーブルの「行列、数式」は後から変更が可能です。変更すると自動で再計算されます。

緑枠で囲まれた部分は文字色や背景色などを白にしてユーザーからは見えないようにするのもありだと思います。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年05月13日
記事NO:00864