TOP > カテゴリ > Excel >

Excel2016の新機能と変更点

Excel2016の新機能とExcel2013からExcel2016への変更点のご紹介です。

Excel2016の画面

フォント

Excel2013のデフォルトのフォントは「MS Pゴシック」でしたがExcel2016では「游ゴシック」に変更されました。

リボン共通

上がExcel2013、下がExcel2016となります。

「操作アシスト」機能が追加されました。操作アシストはリボンのタブの右にある「実行したい作業を入力してください...」という所にあります。

例えば「保存」と入力すると「名前を付けて保存」や「上書き保存」などのメニューが表示されます。

このサブメニューをクリックするとその動作が実行されます。Excelの操作に慣れていない方などにとっては便利な機能だと思います。

ファイル

リボンの「ファイル」タブです。

左がExcel2013、右がExcel2016となります。

Excel2016では「発行」が追加されました。発行は「Power BIへの発行」でOneDrive for Businessにドキュメントを保存するクラウド用となります。一般の方は使う機会は限りなく少ないと思います。

ホーム

リボンの「ホーム」タブです。

上がExcel2013、下がExcel2016となります。

基本的に変更はありませんが、強いて言うならば「検索と選択」ボタンのアイコンが変更されています。

挿入

リボンの「挿入」タブです。

上がExcel2013、下がExcel2016となります。

「個人用アプリ」が「マイアドイン」に名称が変更されています。機能は大差ありません。その他には「ツリーマップ、サンバースト、ヒストグラム、パレート図、箱ひげ図、ウォーターフォール」のグラフが追加されました。

ページレイアウト

リボンの「ページレイアウト」タブです。

変更はありません。

数式

リボンの「数式」タブです。

変更はありません。

データ

リボンの「データ」タブです。

新しく「クエリ」が導入されましたので[取得と変換]パレットの機能が追加されています。[取得と変換]パレットには「新しいクエリ」「クエリの表示」「テーブルから」「最近使ったソース」の4つがあります。

[クエリツールとクエリエディター]

その他に[データツール]パレットの「What-IF分析」が新しく追加された[予測]パレットに移動しました。また、[予測]パレットには「予測シート」という機能が追加されました。

校閲

リボンの「校閲」タブです。

「リサーチ」が「スマート検索」という名称に変更されました。また、「コメント」の4つのアイコンが変更されました。

表示

リボンの「表示」タブです。

「枠線」が「目盛線」に名称が変更されました。

開発

リボンの「開発」タブです。

「アドイン」が「Excelアドイン」に名称が変更されました。また、「アドイン」が追加されました。これはリボンの「挿入」の「マイアドイン」と同様です。その他は「ドキュメントパネル」機能が削除されました。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年10月01日 最終更新日:2015年10月05日
記事NO:01405