TOP > カテゴリ > Visual Basic >

ファイルの属性を変更する

ファイルの属性を変更するサンプルです。

サンプルの実行画面

ソースコード

[SetFileAttributes.frm]

'ファイル属性を設定するAPI関数

'<引数>
'lpExistingFileName:       元のファイル名・ディレクトリ名
'lpNewFileName:            新しいファイル名・ディレクトリ名

'@戻り値@
'正常終了1

Private Declare Function SetFileAttributes Lib "KERNEL32" Alias "SetFileAttributesA" (ByVal lpFileName As String, ByVal dwFileAttributes As Long) As Long
 
Private Const FILE_ATTRIBUTE_ARCHIVE = &H20      'アーカイブ属性
Private Const FILE_ATTRIBUTE_DIRECTORY = &H10    'ディレクトリ属性
Private Const FILE_ATTRIBUTE_HIDDEN = &H2        '隠しファイル属性
Private Const FILE_ATTRIBUTE_NORMAL = &H80       'ファイル属性を持たない
Private Const FILE_ATTRIBUTE_READONLY = &H1      '読み込み専用属性
Private Const FILE_ATTRIBUTE_SYSTEM = &H4        'システムファイル属性

Private Sub Command1_Click()

  Dim Ret As Long
  Dim nFile As String

     nFile = Text1.Text

     Ret = SetFileAttributes(nFile, FILE_ATTRIBUTE_HIDDEN)


 If Ret <> 1 Then
    MsgBox "失敗しました"
 Else
    MsgBox "属性の変更、成功しました。"
 End If

End Sub

ソースコード一式のダウンロード

vbapi_setfileattributes.zip 1.09 KB (1,125 バイト)

このサンプルの動作環境について

このサンプルは 「Windows98」及び「Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition」で確認しております。環境が異なる場合は正常に動作しない場合もございますのでご了承下さい。





関連記事



公開日:2015年03月04日
記事NO:00346