TOP > カテゴリ > Visual Basic >

ウインドウアイテムの情報を取得する

ウインドウアイテムの情報を取得するサンプルです。

サンプルの実行画面

ソースコード

[GetSystemMetrics.frm]

'ウインドウアイテムの情報を取得する
 
  '<引数>
  'nIndex:定数(SM_××参照)
  
  '<戻り値>
  ':SM_××で指定した値


Private Declare Function GetSystemMetrics Lib "USER32" (ByVal nIndex As Long) As Long
 
'定数
Const SM_CMOUSEBUTTONS = 43   'マウスボタンの数(マウスが接続されていないとき0)
Const SM_CXCURSOR = 13        'カーソルの幅
Const SM_CXFULLSCREEN = 16    'ウインドウが最大化されたときの幅
Const SM_CXICON = 11          'アイコンの幅
Const SM_CXSCREEN = 0         '画面の幅
Const SM_CYCAPTION = 4        'キャプションの幅
Const SC_CYCURSOR = 4         'カーソルの高さ
Const SM_CYICON = 12          'アイコン高さ
Const SM_CYSCREEN = 1         '画面の高さ
Const SM_MOUSEPRESENT = 19    'マウスを接続している場合は1、未接続は0
Const SM_SWAPBUTTON = 23      'マウスの機能が入れ替わっている場合1、機能が変更されていない 場合0


'*これ以外にも定数はあります。>>>APIビューワ参照




Private Sub Command1_Click(Index As Integer)

 Dim Ret As Long
 
 Select Case Index
 
       Case 0
          'マウスの接続の状態
           Ret = GetSystemMetrics(SM_MOUSEPRESENT)
             If Ret = 1 Then
               MsgBox "接続されています "
             Else
               MsgBox "接続されていません"
             End If
 
       Case 1
          'マウスのボタン数
           Ret = GetSystemMetrics(SM_CMOUSEBUTTONS)
             Call Msg(Ret)
       
       Case 2
          'マウスの機能が入れ替わっているか?
           Ret = GetSystemMetrics(SM_SWAPBUTTON)
             If Ret = 1 Then
               MsgBox "マウスの機能は入れ替わっています "
             Else
               MsgBox "マウスの機能は変更されていません"
             End If
 
       Case 3
          '画面の幅
           Ret = GetSystemMetrics(SM_CXSCREEN)
             Call Msg(Ret)
 
       Case 4
          '画面の高さ
           Ret = GetSystemMetrics(SM_CYSCREEN)
             Call Msg(Ret)
      
 End Select
 
End Sub

Private Sub Msg(PAPY As Long)

  If PAPY <> 0 Then MsgBox PAPY
      
End Sub

ソースコード一式のダウンロード

vbapi_getsystemmetrics.zip 1.30 KB (1,337 バイト)

このサンプルの動作環境について

このサンプルは 「Windows98」及び「Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition」で確認しております。環境が異なる場合は正常に動作しない場合もございますのでご了承下さい。





関連記事



公開日:2015年03月06日
記事NO:00419