TOP > カテゴリ > Visual Basic >

ウインドウを常に手前にする

ウインドウを常に手前にするサンプルです。

サンプルの実行画面

ソースコード

[SetWindowPos.frm]

'SetWindowPos=>Windowの位置やサイズ等を設定するAPI

'<引数>
'hWnd:            ウィンドウのハンドル
'hWndInsertAfte: 定数(HWND_××参照)
'X:               新しいX座標--->今回は使用しません
'Y:               新しいY座標--->今回は使用しません
'cx:              新しいウィンドウの幅--->今回は使用しません
'cy:              新しいウィンドウの高さ--->今回は使用しません
'wFlags:     定数(SWP_××参照)の組み合わせ

'@戻り値@
'  正常終了1

Private Declare Function SetWindowPos Lib "user32" (ByVal hWnd As Long, ByVal hWndInsertAfter As Long, ByVal X As Long, ByVal Y As Long, ByVal cx As Long, ByVal cy As Long, ByVal wFlags As Long) As Long


Const HWND_TOPMOST = -1      '「常に手前」にする
Const HWND_NOTOPMOST = -2    '「常に手前」を解除

Const SWP_SHOWWINDOW = &H40   '表示する
Const SWP_NOSIZE = &H1        'サイズを変更しない
Const SWP_NOMOVE = &H2        '位置を変更しない


Private Sub Command1_Click()
Dim Ret As Long
Ret = SetWindowPos(Form1.hWnd, HWND_TOPMOST, 0, 0, 0, 0, SWP_SHOWWINDOW Or SWP_NOMOVE Or SWP_NOSIZE)
End Sub

Private Sub Command2_Click()
Dim Ret As Long
Ret = SetWindowPos(Form1.hWnd, HWND_NOTOPMOST, 0, 0, 0, 0, SWP_SHOWWINDOW Or SWP_NOMOVE Or SWP_NOSIZE)
End Sub

ソースコード一式のダウンロード

vbapi_setwindowpos.zip 1.00 KB (1,032 バイト)

このサンプルの動作環境について

このサンプルは 「Windows98」及び「Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition」で確認しております。環境が異なる場合は正常に動作しない場合もございますのでご了承下さい。





関連記事



公開日:2015年03月06日
記事NO:00424