TOP > カテゴリ > Visual Basic >

ヘルプファイルを表示する

ヘルプファイルを表示するサンプルです。

サンプルの実行画面

ソースコード

[Help.frm]

'WinHelp=>ヘルプファイルを表示する

'<引数>
'hWnd:    ウインドウのハンドル
'lpHelpFile: ヘルプファイルのパス
'wCommand:  定数(HELP_××参照)
'dwData:   wCommandが定数HELP_KEYの時に使用

'<戻り値>
'正常終了0以外
'※Windows.hlpだけではなくその他のヘルプファイルも表示できる

Private Declare Function WinHelp Lib "USER32" Alias "WinHelpA" (ByVal hWnd As Long, ByVal lpHelpFile As String, ByVal wCommand As Long, ByVal dwData As Long) As Long


'WinHelpString=>ヘルプファイルを表示する

'<引数>
'hWnd:    ウインドウのハンドル
'lpHelpFile: ヘルプファイルのパス
'wCommand:  定数(HELP_××参照)
'dwData:   wCommandが定数HELP_KEYの時に使用

'<戻り値>
'正常終了0以外
'※Windows.hlpだけではなくその他のヘルプファイルも表示できる

Private Declare Function WinHelpString Lib "USER32" Alias "WinHelpA" (ByVal hWnd As Long, ByVal lpHelpFile As String, ByVal wCommand As Long, ByVal dwData As String) As Long

Const HELP_QUIT = &H2            'ヘルプを終了
Const HELP_INDEX = &H3           'トップページを表示
Const HELP_KEY = &H101           '「トピックの検索」を表示



Private Sub Command1_Click()

 Call WinHelp(Form1.hWnd, Text1.Text, HELP_INDEX, 0)

End Sub

Private Sub Command2_Click()

'Dim Name As String    '開きたいトピックを記入する
'Name = "トラブルシューティング"

'↑Nameを第四引数に入れれば「トラベルシューティング」が表示される
'第四引数が空文字の場合はそのままトピックの検索が表示される。


Call WinHelpString(Form1.hWnd, Text1.Text, HELP_KEY, "ヘルプファイルの表示テストです。")

End Sub


'WinHelpStringについて---------------------------------------
'
'  WinHelpの第四引数(Long型)をString型に変更しているだけです。
'  そうすることにより定数HELP_KEYが使用できます。
'
'------------------------------------------------------------

ソースコード一式のダウンロード

vbapi_help.zip 1.24 KB (1,274 バイト)

このサンプルの動作環境について

このサンプルは 「Windows98」及び「Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition」で確認しております。環境が異なる場合は正常に動作しない場合もございますのでご了承下さい。





関連記事



公開日:2015年03月03日
記事NO:00323