TOP > カテゴリ > Visual Basic >

ポップアップメニューを指定の位置に表示する

ポップアップメニューを指定の位置に表示するサンプルです。

サンプルの実行画面

APIの宣言

[PopUp.bas]

'----------------------------------
'メニューのハンドルを取得するAPI関数
 '---------------------------------
  
  'hWnd:ウインドウのハンドル
  '戻り値:メニューのハンドル
  
Public Declare Function GetMenu Lib "USER32" (ByVal hWnd As Long) As Long

'----------------------------------------------------
'トップレベル(サブ)メニューのハンドルを取得するAPI関数
'----------------------------------------------------
 
 'hMenu:メニューのハンドル
 'nPos:メニュー項目の位置
 '戻り値:トップレベルメニューのハンドル
 
Public Declare Function GetSubMenu Lib "USER32" (ByVal hMenu As Long, ByVal nPos As Long) As Long

'-----------------------------------------------
'指定の位置にポップアップメニューを表示するAPI関数
'-----------------------------------------------

 'hMenu:ポップアップメニューのハンドル
 'wFlags:定数(TPM_××参照)の組み合わせ
 'x:水平位置
 'y:垂直位置
 'nReserved:常に0
 'hWnd:ウインドウのハンドル
 'lprc:常に0
 '戻り値:正常終了0以外
 
 '<注>x,yはスクリーン座標
 ' (lprc As Rect)を(ByVal lprc As Long)に変更しています。<<< 使わないと思うので・・・
 
Public Declare Function TrackPopupMenu Lib "USER32" (ByVal hMenu As Long, ByVal wFlags As Long, ByVal x As Long, ByVal y As Long, ByVal nReserved As Long, ByVal hWnd As Long, ByVal lprc As Long) As Long



Public Const TPM_CENTERALIGN = &H4&      '
Public Const TPM_LEFTALIGN = &H0&        'メニューの左隅をxで指定した座標にする
Public Const TPM_LEFTBUTTON = &H0&       'マウスの左ボタンを追跡
Public Const TPM_RIGHTALIGN = &H8&       'メニューの右隅をyで指定した座標にする
Public Const TPM_RIGHTBUTTON = &H2&      'マウスの右ボタンを追跡する

APIの呼び出し

[PopUp.frm]

Private Sub Command1_Click()

Dim hMen As Long
Dim SubMen As Long
Dim Ret As Long

Form1.mnu.Visible = True

'メニューのハンドルを取得
hMen = GetMenu(Form1.hWnd)

'トップレベルメニュー(サブ)のハンドルを取得
SubMen = GetSubMenu(hMen, 0)

'画面の左上にポップアップメニューを表示
Ret = TrackPopupMenu(SubMen, TPM_LEFTALIGN, 0, 0, 0, Form1.hWnd, 0)


End Sub

ソースコード一式のダウンロード

vbapi_popup.zip 2.06 KB (2,117 バイト)

このサンプルの動作環境について

このサンプルは 「Windows98」及び「Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition」で確認しております。環境が異なる場合は正常に動作しない場合もございますのでご了承下さい。





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2015年03月04日
記事NO:00361