TOP > カテゴリ > Visual Basic >

「プログラムの終了」ダイアログを表示させない

「プログラムの終了」ダイアログを表示させないサンプルです。

サンプルの実行画面

ソースコード

[SystemParametersInfo.frm]

'---------------------------------------------
'システム全体に関するパラメータを変更するAPI関数
'---------------------------------------------

  'uAction:定数(SPI_××参照)
  'uParam:パラメータ
  'lpvParam:パラメータ
  'fuWinIni:Win.iniファイルを書きかえるかのフラグ
  '      定数(SPIF_××参照)0->書き換えない
  
  '戻り値:正常終了0以外


Private Declare Function SystemParametersInfo Lib "user32" Alias "SystemParametersInfoA" (ByVal uAction As Long, ByVal uParam As Long, ByVal lpvParam As Any, ByVal fuWinIni As Long) As Long


Private Const SPI_SCREENSAVERRUNNING = 97    '(Ctrl)+(Alt)+(Del)を無効にする

Private Const SPIF_UPDATEINIFILE = &H1       '更新する
Private Const SPIF_SENDWININICHANGE = &H2    'すべてのアプリケーションに通知して更新する



Private Sub Command1_Click()

Dim Ret As Long

Ret = SystemParametersInfo(SPI_SCREENSAVERRUNNING, 1, vbNullString, 0)

End Sub
Private Sub Command2_Click()

Dim Ret As Long

Ret = SystemParametersInfo(SPI_SCREENSAVERRUNNING, 0, vbNullString, 0)

End Sub

Private Sub Form_Unload(Cancel As Integer)

Dim Ret As Long

Ret = SystemParametersInfo(SPI_SCREENSAVERRUNNING, 0, vbNullString, 0)

End Sub

ソースコード一式のダウンロード

vbapi_systemparametersinfo.zip 1.14 KB (1,176 バイト)

このサンプルの動作環境について

このサンプルは 「Windows98」及び「Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition」で確認しております。環境が異なる場合は正常に動作しない場合もございますのでご了承下さい。





関連記事



公開日:2015年03月05日
記事NO:00394