TOP > カテゴリ > Visual Basic >

システムが起動してからの経過時間を取得する

システムが起動してからの経過時間を取得するサンプルです。

サンプルの実行画面

ソースコード

[GetTickCount.frm]

'GetTickCount =>システムが起動してからの経過時間を取得する

'<引数>
' なし

'@戻り値@
'ミリ秒
      
Private Declare Function GetTickCount Lib "KERNEL32" () As Long


Private Sub Command1_Click()

  Dim Ret As Long      '戻り値
  Dim Hour As Long     '時間
  Dim Minute As Long   '分
  Dim Second As Long   '秒

   'システムが起動してからの経過時間を取得する(ミリ秒単位で取得)
    Ret = GetTickCount

   '時間の計算
    Hour = Ret \ 1000 \ 60 \ 60
    
   '分の計算
    Minute = Ret \ 1000 \ 60 - Hour * 60
    
   '秒の計算
    Second = Ret \ 1000 - (Hour * 60 * 60 + Minute * 60)
  
    MsgBox "起動してから" & Hour & "時間" & Minute & "分" & Second & "秒経過しました。"


End Sub

ソースコード一式のダウンロード

vbapi_gettickcount.zip 841 バイト (841 バイト)

このサンプルの動作環境について

このサンプルは 「Windows98」及び「Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition」で確認しております。環境が異なる場合は正常に動作しない場合もございますのでご了承下さい。





関連記事



公開日:2015年03月05日
記事NO:00409