TOP > カテゴリ > Visual Basic >

INIファイルに文字列を書きこむ

INIファイルに文字列を書きこむサンプルです。

サンプルの実行画面

ソースコード

[Writeini.frm]

'iniファイルに文字列を書き込むAPI関数


'<引数>
'lpApplicationName:セクション名
'lpKeyName:キー名
'lpString:書きこむ文字列
'lpFileName:INIファイル名
'<戻り値>
'  正常終了0以外

'*App.Path & Test.iniがない場合は自動的に作成されます。
'*同じキー名、セクション名の場合は上書きされます。
'*指定したiniファイルが存在している場合はそのファイルに書きこまれます。


Private Declare Function WritePrivateProfileString Lib "kernel32" Alias "WritePrivateProfileStringA" (ByVal lpApplicationName As String, ByVal lpKeyName As String, ByVal lpString As String, ByVal lpFileName As String) As Long

Private Sub Command1_Click()
 Dim Ret As Long
    Ret = WritePrivateProfileString(Text2.Text, Text3.Text, Text4.Text, Text1.Text)

  If Ret = 0 Then
    MsgBox "書き込み失敗"
  Else
    MsgBox "書き込み成功しました。iniファイルを見て確認してください。"
  End If

End Sub


Private Sub Form_Load()

  Text1.Text = "Test.ini"
  Text2.Text = "Test"
  Text3.Text = "Ini"
  Text4.Text = "書き込みテストです"

  Label1.Caption = "ファイル名"
  Label2.Caption = "セクション名"
  Label3.Caption = "キー名"
  Label4.Caption = "書きこむ文字列"

End Sub

ソースコード一式のダウンロード

vbapi_writeini.zip 1.55 KB (1,597 バイト)

このサンプルの動作環境について

このサンプルは 「Windows98」及び「Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition」で確認しております。環境が異なる場合は正常に動作しない場合もございますのでご了承下さい。





関連記事



公開日:2015年03月04日
記事NO:00359