TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

MOSFETとDCモーターの使い方 [Arduino]

MOSFETはトランジスタの一種で「電気的なスイッチ」の役割をします。主にモーターやソレノイドなどの制御に向いています。

[実行例]

※モータの先端には青色のマスキングテープを貼り付けています。

使用部品・材料

総額で約480円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
NchパワーMOSFET 2SK703 100V5A¥60秋月電子の通販コード(I-11616)
DCモーター FA-130RA-2270L¥120モーターの逆起電力を防ぐ為にダイオードを使用する必要があります。

秋月電子の通販コード(P-09169)
汎用整流用ダイオード 1000V1A 1N4007数円ダイオードには極性があります。白または灰色の線がある方がカソードです。今回はモーターが逆起電力を発生した際にダイオードが吸収する為にカソードを+側にしています。

秋月電子の通販コード(I-00934)
電池ボックス 単3x1本 リード線¥30秋月電子の通販コード(P-00221)
コネクタ付コード(みの虫×ジャンパーワイヤ)任意モーター端子の延長用。

秋月電子の通販コード(C-08916)

配線図

ダイオードの向きに注意して下さい。詳細は上表参照。

次はMOSFETのデータシートより引用(2sk703.pdf)

[デジタル8ピンがHIGH]

Gate(ゲート)端子に電圧が印加されます。そうすると、Drain(ドレイン)とSource(ソース)端子が「内部的に接続」(回路図左の点線)されます。Source端子はGNDに接続されていますので、DrainもGNDとなります。

電流の流れは乾電池からモーター、GNDへ接地しますのでモーターが回転します。

[デジタル8ピンがLOW]

Gate(ゲート)端子に電圧が印加されません。なので、回路図の右側のDrainからSourceへ電流が流れます。

ですが、途中に寄生ダイオードがありますので流れがストップされます。結果的にモーターは停止します。

スケッチ(プログラム)

2秒毎にモーターを回転させます。

void setup() {
  pinMode(8,OUTPUT);
}

void loop() {  
  digitalWrite(8,HIGH);
  delay(2000);
  digitalWrite(8,LOW);
  delay(2000);
}





関連記事



公開日:2017年05月21日 最終更新日:2017年08月20日
記事NO:02385