ホーム > カテゴリ > PHP・Laravel >

Laravel + Vue.js + AxiosでCRUDのサンプルプロジェクト (学習用)

LaravelでVue.jsとAxiosを使用したCRUDのサンプルプロジェクトです。オープンソースでライセンスは「The Unlicense」(著作権放棄に非常に近いライセンス)ですので、ご自由にお使い頂けます。

1. デモ

https://www.petitmonte.com/dev/mpp_vue_crud_la/

2. ソースコード

https://github.com/TakeshiOkamoto/mpp_vue_crud_la

3. インストール方法

// (1)プロジェクトの生成
composer create-project --prefer-dist laravel/laravel プロジェクト名  "6.*"

// (2)laravel/uiのインストール
cd プロジェクト名 
composer require laravel/ui:^1.0 --dev

// (3)Vueのインストール
php artisan ui vue

// (4)ここでGitHubにあるファイルを全てプロジェクトに上書きする

// (5)各パッケージのインストール
npm install

// (6).envでデータベースの設定を行う

// (7)タイムゾーン/言語(config\app.php)の設定
'timezone' => 'Asia/Tokyo',
'locale' => 'ja',

// (8)次の不要なマイグレーションファイルを手動で削除する
database\migrations\
2014_10_12_000000_create_users_table.php
2014_10_12_100000_create_password_resets_table.php
2019_08_19_000000_create_failed_jobs_table.php

// (9)マイグレーション
php artisan migrate

// (10)シーディング
シーディングの準備
composer dump-autoload
シーディングの実行
php artisan db:seed

// (11)開発用ビルド
npm run dev
※エラーが出た場合はpackage-lock.jsonを削除してnpm installを再度、実行して下さい。

// (12)実行する
php artisan serve

最後に

GitHubにあるpackage.jsonを見て頂くとわかると思いますが、未使用の不要なパッケージを削除して、IE11にも対応させています。

npm uninstall lodash
npm uninstall jquery
npm uninstall popper.js
npm install date-fns  // 日付処理
npm install @babel/polyfill // IE11対策
npm install formdata-polyfill // IE11対策





関連記事



公開日:2020年12月17日 最終更新日:2020年12月30日
記事NO:02870