ホーム > カテゴリ > PHP・Laravel >

Laravelをインストールする [WSL/Ubuntu環境]

CentOSで各種サーバー構築(目次)

WSL(Windows Subsystem for Linux)のUbuntu16.04でLaravelをインストールする方法です。その他のバージョン、CentOSなどでも同様な操作で可能です。

問題点

Ubuntu16.04ではPHPの最新バージョンは次のようになっています。

PHP 7.0.33-0ubuntu0.16.04.15 (cli) ( NTS )

セキュリティ対応が2022年9月までのLaravel6(LTS)で使用するPHPは7.2.0以上です。インストール要件の詳細は Laravel 6.x インストール (公式)

Laravelのバージョンが上がるたびにPHPのバージョンも上がりますので、PHPは最新版が良いです。

1. Ubuntu16.04でPHPを最新版にする

// PHPを最新版にする
sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php
sudo apt-get update
sudo apt-get install php

// PHP拡張パッケージ
sudo apt install php-mbstring php-xml php-json php-zip php-mysql 
※必要であればphp-pdoなども追加

// Apache用のモジュール
sudo apt-get install libapache2-mod-php

// PHP7.0からPHP7.4にする
sudo a2dismod php7.0  // 無効
sudo a2enmod php7.4   // 有効
sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php7.4 // 7.4に切り替え

// バージョン確認
php -v

※現時点(2020年10月)のPHPの最新版は7.4です。

2. zipコマンドのインストール

sudo apt install zip

3. Composerのインストール

LaravelはComposerというパッケージ管理ソフトを使用します。

// Composerのインストール
curl https://getcomposer.org/installer | php
sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

which composer

composer -v

4. プロジェクトの生成

// Dドライブのlaravelフォルダに移動 ※任意
cd /mnt/d/laravel

// プロジェクトの生成 
// ※この例ではLaravelのバージョン6系を生成。8系ならば"8.*"
composer create-project --prefer-dist laravel/laravel sample-project  "6.*"
// ※sample-projectはプロジェクト名(フォルダ名)
// ※--prefer-distはZIPダウンロードを強制する

// カレントの移動
cd sample-project

// (任意)アプリケーションキーを作成する(.envファイルのAPP_KEY)
// php artisan key:generate

// バージョンなど
php artisan -v

// 実行する
php artisan serve

アプリケーションキーに関しては、プロジェクトの生成途中でエラーが発生すると自動生成されないので、必要であれば実行してください。

5. URLへアクセスする

http://localhost:8000/

参考文献

Laravel 6.x インストール (公式)





関連記事



公開日:2020年10月25日
記事NO:02842