TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

トランジスタアレイ(ソースドライバ)の実験 [Arduino]

トランジスタが配列(Array)になっている部品です。

今回はその中でも「ソースドライバ」と呼ばれている「TD62783」(TD62784でも可)を使用します。基本的な動作は入力電圧の「デューティ比」によって任意の出力電流を得る事が出来ます。(8回路入りで最大500mA / Ch)

使用部品・材料

総額で約550円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード¥500Amazon.com
トランジスタアレイ(8ch高耐圧ソースドライバ) TD62783AP¥50秋月電子の通販コード(I-10801)
カーボン抵抗器数円51kΩ(2個)を使用。

配線図

ベース電流を制限する入力抵抗10kΩが内蔵されていますが、電気的特性の入力電流は「標準92μA」ですので、51kΩを加算して61kΩで約82μAにしています。

スケッチ(プログラム)

2.5秒毎に「9ピンはデューティ比6.25%」「10ピンはデューティ比3.125%」のPWM波を出力します。

それぞれ、デューティ比が異なりますのでデジタルテスターで「出力電流」をご確認ください。

void setup() {
  Serial.begin(9600);
}

void loop() {
  Serial.println("HIGH");
  analogWrite(9,16);
  analogWrite(10,8);  
  delay(2500);
  
  Serial.println("LOW");
  analogWrite(9,0);
  analogWrite(10,0);  
  delay(2500);
}

実行例

analogWriteによるデューティ比

次はanalogWrite()によるデューティ比の実測値(例)です。

デューティ比出力電流
12850%200mA
6425%114mA
3212.5%63mA
166.25%36.2mA
83.125%19mA
41.5625%10.3mA
20.78125%5.7mA
10.390625%3.4mA

上記は、PWM信号の周波数が490Hzでの一例となります。5,6ピンを使用した場合は異なる結果になりますのでご注意ください。

周波数Arduinoのピン番号
490Hz3,9,10,11
980Hz5,6

※デューティ比は50%迄しか計測していませんので、それ以上は各自で調査して下さい。

digitalWriteによるデューティ比

次はArduino UNO(クロック周波数16MHz)でdigitalWrite()を使用してデューティ比を表現する場合です。データシートにある「TPW = 25ms」を元に1周期の幅を25msとしています。

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  pinMode(9,OUTPUT);
}

void loop() {
  // HIGH時間 2.5ms
  digitalWrite(9,HIGH);
  delay(2);
  delayMicroseconds(500);

  // LOW時間 22.5ms
  digitalWrite(9,LOW);  
  delay(22);
  delayMicroseconds(500);
}

--- 実測値(例) ---
LOW時間は「25ms - HIGH時間」。

HIGH時間出力電流
12.5ms188mA
10ms 158mA
8ms125mA
6.5ms106mA
5ms82mA
4.5ms75.9mA
4ms67mA
3.5ms59.5mA
3ms50mA
2.5ms43.3mA
2ms34.3mA
1.5ms26.5mA
1ms18.1mA
0.5ms9.4mA

digitalWrite()版でLEDの点灯を試すと「ちらつき」が激しいですので、本稼動するには「周波数を低く」する必要があります。

許容損失

TD62783APの許容損失は1.47Wです。

実際は85度の0.75Wが目安です。(推奨条件は0.52W)

0.75Wの場合は「0.75W ÷ 5V 」で最大150mA。0.52Wは「0.52W ÷ 5V」で最大104mAとなります。出力電流が500mAと謳っている割には使用できる出力電流が小さいです。

※3Vマイコンを基準にしているのかも知れませんね。(1.5W ÷ 3V)

トランジスタのクイックリンク

トランジスタ(NPN) トランジスタ(PNP) ダーリントントランジスタ トランジスタアレイ(ソースドライバ) 絶縁ゲートバイポーラトランジスタ MOSFET パワーMOSFET(Nチャネル) パワーMOSFET(Pチャネル) JFET(Nチャネル) JFET(Pチャネル) サイリスタ





関連記事



公開日:2017年08月11日 最終更新日:2017年08月16日
記事NO:02517