TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

通過型フォトインタラプタの使い方 [Arduino]

この「フォトインタラプタ」は山(発光素子)と山(受光素子)の間に、光を遮る物体があるかを検出をします。

物体がない状態は「導通」。紙などを挟むと導通しません。

使用部品・材料

総額で約290円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
通過型フォトインタラプタ CNZ1023(ON1023)¥20秋月電子の通販コード(P-09668)
カーボン抵抗器数円220Ω(1個)、300kΩ(1個)を使用。

配線図

次の2枚は公式データシートより引用(CNZ1023(ON1023).pdf)

1Anode
2Cathode
3Collector
4Emitter

このピン配置表は裏面です。また、回路図の抵抗値はプルダウンで50ΩになっていますがArduinoでは220Ωです。

Arduinoの電源は5V(V)。データシートに記載されている順方向電圧(DC Forward Voltage/VF)は1.25V。電流(DC Forward Current)は20mA(IF)ですのでオームの法則で187.5Ωになります

187.5Ω = (5V - 1.25V) / 0.020A

※誤差などがあるので220Ωを使用しています。

Arduino UNOのデジタル入力(digitalRead関数)でHIGHになる条件は3V以上ですので、RLの抵抗値は300kΩとしています。(多少前後してもOK)

RLの抵抗値を変更する場合はアナログ入力(analogRead関数)で615以上(3 ÷ 5 × 1024 )になる抵抗値を使用すればOKです。

スケッチ(プログラム)

シリアルモニターに導通結果を表示します。

void setup() {
  Serial.begin(9600);  
  pinMode(8,INPUT);
}
 
void loop() {
  if (digitalRead(8) == HIGH){ 
    Serial.println("導通しました。");  
  }else{
    Serial.println("導通していません。");  
  }
  delay(1000);
}

実行例





関連記事



公開日:2017年07月02日
記事NO:02449