ホーム > カテゴリ > PHP・Laravel >

ミドルウェアの使い方 [Laravel]

Laravelの「ミドルウェア」ではコントローラーが処理する前にログイン処理などを差し込む事が可能です。それに加えて、コントローラー/ビューの処理が終わった後にも何らかの処理をする事が可能です。

ミドルウェアのパターンは上記の二通りです。

1. 初期設定

1-1. ミドルウェアのファイルを生成する

php artisan make:middleware HelloMiddleware

app\Http\Middleware\HelloMiddleware.phpが作成される。

1-2. カーネルにミドルウェアを登録する

app\Http\Kernel.php

$routeMiddlewareの末尾に以下を追記する。

protected $routeMiddleware = [

  'hello' =>\App\Http\Middleware\HelloMiddleware::class,
];

1-3. ルーティングファイルの編集

routes\web.php

Route::get('/', 'RootController@index')->middleware('hello');

2. 各種ファイル

2-1. コントローラー(app\Http\Controllers\RootController.php)

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class RootController extends Controller
{
    public function index(Request $request)
    {                 
        return view('index','hoge' => $request->hoge]);
    }    
}

2-2. ビュー(resources\views\index.blade.php)

{{ $hoge }}

2-3. ミドルウェア(app\Http\Middleware\HelloMiddleware.php)

<?php

namespace App\Http\Middleware;

use Closure;
use Illuminate\Http\Request;

class HelloMiddleware
{
    public function handle(Request $request, Closure $next)
    {
        // (1)コントローラーの処理前
        if ($request->option == "1"){
          
            $request->hoge = $request->hoge . "456";
          
            // コントローラー/ビューの処理実行
            $response = $next($request);   
                 
            return $response;
          
        // (2)コントローラー/ビューの処理後 
        }else if  ($request->option == "2"){
          
            // コントローラー/ビューの処理実行
            $response = $next($request);  
              
            // 処理結果のHTMLを返す
            $content = $response->content();   
                           
            // 文字列の置換               
            $content = str_replace("123", "123を書き換え", $content);
              
            $response->setContent($content);
            
            return $response;
        }
    }
}

3. 実行

ミドルウェア1

http://localhost:8000/?hoge=123&option=1

結果は「123456」となる。

ミドルウェア2

http://localhost:8000/?hoge=123&option=2

結果は「123を書き換え」となる。

最後に

ミドルウェアはdump($response)で確認するとわかりやすいです。





関連記事



公開日:2020年11月18日
記事NO:02856