TOP > カテゴリ > Word >

封筒の印刷(横向き/縦向き)[Wordの基本操作(上級)]

操作対象

リボンの「差し込み文書」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

封筒 - 横向き

この「封筒」アイコンで作成できるタイプは「横向き」です。無地の封筒やエアメールなどの封筒を印刷する時に使用します。

使い方

アイコンを押すと「宛名ラベル作成」ダイアログが表示されます。

「オプション」ボタンを押して任意の封筒サイズに変更します。

次に宛先、差出人を入力します。※「〒」は「ゆうびん」で変換できます。

「文書に追加」ボタンを押すと現在の設定が挿入されます。

※最後に宛名などのフォントサイズを調整して完成です。

封筒に宛先のラベルシールを貼りつける場合は「宛名ラベル作成」ダイアログで「ラベル」を選択します。

雑談

「はがき」には詳細なウィザードがあるのに対して「封筒」は簡易的な「横向き」にしか対応していません。ちょっと残念ですね。

封筒 - 縦向き

封筒の縦向き印刷には対話式の「ウィザード」はありませんので手動で設定していきます。

まず、新規文書を作成します。

「レイアウト」タブのサイズで「長形3号」(任意の封筒)を選択します。

「レイアウト」タブで「余白」を「狭い」にします。

「挿入」タブの右側の方にある「テキストボックス」で「横書きテキストボックス」を1個、「縦書きテキストボックス」を2個、配置します。

テキストボックスの枠は「書式」タブの「図形の枠線」で「線なし」にします。

「横書きテキストボックス」には郵便番号、「縦書きテキストボックス」には宛先、宛名を入力します。そして、文字のサイズや書式などを調整すれば完成です。

※例では郵便番号のフォントサイズは「22」、宛先は「26」、宛名は「48」にしました。

※差出人住所は表、裏面のお好きな方に配置して下さい。
※封筒にある郵便番号のマスに番号を合わせる必要はありません。

ワード講座のクイックリンク

ホーム 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) マクロ/VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年11月08日 最終更新日:2017年09月08日
記事NO:01552