TOP > カテゴリ > Python・人工知能・機械学習 >

TensorFlow Mobileのデモアプリのインストール [AIのスマホアプリ]

Python/TensorFlowの使い方(目次)

今回はAndroid Studioを使用して「TensorFlow Mobile」の4つのデモアプリをスマートフォンにインストールします。

これらは画像/音声系のAI(人工知能)アプリです。

TF Classifyカメラに映っている物体を検出します。(枠なし)
TF Detectカメラに映っている物体を検出します。(枠あり)
TF Stylizeカメラに映っている映像をリアルタイムで変換します。
TF Speechスマホに向かって英単語を発声すると認識します。

TF Classify

TF Detect

TF Stylize

※これは変換に時間がかかるので、高スペックのスマホ推奨。

TF Speech

前提条件

Android Studioがインストール済み

※iOSの方は公式の英文をお読みください。

TensorFlowのダウンロード

https://github.com/tensorflow/tensorflow

Windowsの方はhttps://github.com/tensorflow/tensorflow/archive/master.zipから全てをまとめてダウンロード可能です。

tensorflow-master.zipを展開して、tensorflow-masterのフォルダ名をtensorflowに変更します。次にCドライブに移動します。

c:\tensorflow\

Android Studioでプロジェクトを開く

Android Studioを起動します。

「Open an existing Android Studio project」(既存のAndroid Studioプロジェクトを開く)で

C:\tensorflow\tensorflow\examples\android\

を開きます。

そして、Gradle Scriptsのbuild.gradleの

// set to 'bazel', 'cmake', 'makefile', 'none'
def nativeBuildSystem = 'bazel'

// set to 'bazel', 'cmake', 'makefile', 'none'
def nativeBuildSystem = 'none'

に変更します。

右下に

Could not find com.android.tools.build:gradle:3.0.1.
Searched in the following locations:
    https://jcenter.bintray.com/com/android/tools/build/gradle/3.0.1/gradle-3.0.1.pom
    https://jcenter.bintray.com/com/android/tools/build/gradle/3.0.1/gradle-3.0.1.jar
Required by:
    project :
Add Google Maven repository and sync project
Open File

というエラーが発生している場合は「Add Google Maven repository and sync project」をクリックします。

次のようなエラーが表示された場合は、

Failed to find Build Tools revision 26.0.2
Install Build Tools 26.0.2 and sync project

「Install Build Tools 26.0.2 and sync project」をクリックします。

また、次のようなエラーが表示された場合は、

The specified Android SDK Build Tools version (26.0.2) is ignored, as it is below the minimum supported version (27.0.3) for Android Gradle Plugin 3.1.2.
Android SDK Build Tools 27.0.3 will be used.
To suppress this warning, remove "buildToolsVersion '26.0.2'" from your build.gradle file, as each version of the Android Gradle Plugin now has a default version of the build tools.
Update Build Tools version and sync project
Open File

「Update Build Tools version and sync project」をクリックします。

次の警告は、

Configuration 'compile' is obsolete and has been replaced with 'implementation' and 'api'.
It will be removed at the end of 2018. For more information see: http://d.android.com/r/tools/update-dependency-configurations.html

build.gradleの「compile」を「api」に変更すればOK!

dependencies {
    if (nativeBuildSystem == 'cmake' || nativeBuildSystem == 'none') {
        compile 'org.tensorflow:tensorflow-android:+'
    }
}

dependencies {
    if (nativeBuildSystem == 'cmake' || nativeBuildSystem == 'none') {
        api 'org.tensorflow:tensorflow-android:+'
    }
}

ここで、スマホの「開発者向けオプション」で「USBデバッグ」を「オン」にして、PCとスマホをUSBケーブルで接続します。

Android StudioでRun(実行)すると、次のエラーが表示されます。

Cause: unable to find valid certification path to requested target

うむ、これで1時間ぐらいハマリました。

どうやら、証明書関連のエラーのようです。

これを回避するにはGradle Scriptsの「download-models.gradle」の

def MODEL_URL = 'https://storage.googleapis.com/download.tensorflow.org/models'

def MODEL_URL = 'http://storage.googleapis.com/download.tensorflow.org/models'

にすればスマホにアプリがインストールされます。(https → http)

アプリはスマホのデスクトップにショートカットが作成されませんので「アプリの一覧」から起動します。

以上となります。





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2018年08月21日 最終更新日:2018年08月24日
記事NO:02716