TOP > カテゴリ > サーバー構築・運用・Linux >

Let’s EncryptでサイトをSSL(https)にする [CentOS]

CentOSに「Certbot」(証明書ボット)をインストールしてLet's Encrypt(レッツ・エンクリプト)の認証局で証明書を発行してhttpのサイトをhttpsにします。WebサーバーはNginxを使用します。※無料SSLです。

証明書は有効期限が90日なので更新の自動化も行います。

1. Certbotのインストール

// インストール
sudo yum install certbot 

// インストール場所の確認(/usr/bin/certbotなど)
which certbot

2. 証明書の発行

次例は「www.example.com」に対して証明書を発行します。

sudo certbot certonly --webroot -w /home/ユーザー名/html/www.example.com/ -d www.example.com

-wドキュメントルート
-dドメイン名

2.1 メールアドレスの入力

Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log
Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None
Enter email address (used for urgent renewal and security notices) (Enter 'c' to
cancel): 

※自動更新が失敗している場合、期限前にメールが届きます。

2.2 規約への同意

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Please read the Terms of Service at
https://letsencrypt.org/documents/LE-SA-v1.2-November-15-2017.pdf. You must
agree in order to register with the ACME server at
https://acme-v02.api.letsencrypt.org/directory
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(A)gree/(C)ancel: A

2.3 Let's Encryptパートナーにメールアドレスを公開

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Would you be willing to share your email address with the Electronic Frontier
Foundation, a founding partner of the Let's Encrypt project and the non-profit
organization that develops Certbot? We'd like to send you email about our work
encrypting the web, EFF news, campaigns, and ways to support digital freedom.
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(Y)es/(N)o: N

3. Nginxの設定(*.conf)

次の設定では「http://example.com/」にアクセスした場合は「https://www.example.com/」にリダイレクトします。

server {
    listen       80;
    server_name  example.com;
    return       301 https://www.example.com$request_uri;
}
   
server {
    listen       443 ssl;
    server_name  www.example.com;

    ssl_certificate            /etc/letsencrypt/live/www.example.com/fullchain.pem;
    ssl_certificate_key        /etc/letsencrypt/live/www.example.com/privkey.pem;
    
    省略
}

// Nginxのリスタート
sudo systemctl restart nginx

4. 証明書の更新

証明書の有効期限が30日未満の場合のみ実行される。

sudo certbot renew

5. 証明書の一覧

sudo certbot certificates

6. 証明書の削除

sudo certbot revoke --cert-path=/etc/letsencrypt/live/www.example.com/cert.pem

削除後は、Nginxの*.confファイルからSSL設定(443など)を無効にしてNginxをリスタートさせます。

7. 証明書の更新の自動化

CRONジョブが初めての方はCRONジョブでPHPファイルを実行するを参考にして下さい。また、rootでCRONジョブを登録して下さい。

// CRONジョブの設定ファイルをエディタで開く
crontab -e

// 次の1行を書き込む
// 毎朝3:30に証明書の更新を実行する
// 証明書ごとにrestartを実行する(--deploy-hook)、エラーを除くすべての出力をしない(-q)
30 3 * * * certbot renew -q --deploy-hook "systemctl restart nginx"

8. 登録メールアドレスの変更

sudo certbot update_account --email メールアドレス





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2019年09月18日 最終更新日:2019年10月01日
記事NO:02773