TOP > カテゴリ > サーバー構築・運用・Linux >

独自ドメインをConoHaで運用する [DNS/Nginx/バーチャルホスト]

CentOSで各種サーバー構築(目次)

バリュードメインで取得した独自ドメインをConoHaのVPSサーバーで利用する方法です。ロリポップ、ムームードメイン、お名前.comなども同様な操作となります。

1. ConoHa側

[DNS][+ドメイン] を選択する。ドメイン名には「www.」などのサブドメインは入力しません。example.comのように入力します。

2行の追加

タイプA(通常)
名称@
TTL3600
VPSのIPアドレス

タイプA(通常)
名称www
TTL3600
VPSのIPアドレス

2. Nginxの設定

/etc/nginx/conf.d/*.confの編集。※example.comは自分ので。


server {
    listen       80;
    server_name  example.com;
    return       301 http://www.example.com$request_uri;
}

server {
    listen       80;
    server_name  www.example.com;
    
    省略
}

この設定だとhttp://example.com/やhttp://IPアドレス/でアクセスした場合は、自動的にhttp://www.example.com/にリダイレクトするようになります。

バーチャルホスト(複数のドメイン)を設定する場合は「example1.com.conf」「example2.com.conf」のようにファイルを分けます。同じファイルに設定すると正常に動作しない場合があるようです。

設定後はNginxの再起動を行う。

// Nginxのリスタート
sudo systemctl restart nginx

3. バリュードメイン側

[ドメイン][ドメインの設定操作][ネームサーバー]で対象のドメインを選択してネームサーバーを変更する。

ネームサーバ 1 : ns-a1.conoha.io
ネームサーバ 2 : ns-a2.conoha.io
ネームサーバ 3 : ns-a3.conoha.io

次に[ドメイン][ドメインの設定操作][DNS/URL]のDNS設定をにする。

4. IPアドレスの確認

Windowsなどから次のコマンドを打つ。 ※example.comは自分ので。

ping example.com

IPアドレスがVPSサーバーのIPアドレスになっていればOK!

※反映には数分~数時間ぐらいかかる場合があります。

参考URL

7時間目 SSL証明書をインストールしてサイトをSSL化する (ConoHa)





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2019年09月17日 最終更新日:2019年11月30日
記事NO:02772