TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

JFET(Pチャネル)の使い方 [Arduino]

PチャネルのJFETを使用して「電流制限」と「スイッチング」を行います。

使用部品・材料

総額で約680円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード¥500Amazon.com
Pch J-FET 2SJ498-C¥40秋月電子の通販コード(I-11509)
基板用スライドスイッチ SS-12D00-G5¥20秋月電子の通販コード(P-08790)
カーボン抵抗器数円10kΩ(1個)、560Ω(1個)、220Ω(1個)を使用。
9V電池¥100JFETのオフ用。
バッテリースナップ(電池スナップ・Bスナップ) 縦型 ソフトタイプ¥20秋月電子の通販コード(P-00452)

配線図

スライドスイッチを5V側にするとJFETがオンになります。9V側はJFETがオフとなります。

ゲート抵抗(RG)に10kΩ、ドレイン抵抗(RD)に220Ωを使用しています。このRDによる電流制御でドレイン電流(IDSS)は約1.09mAとなります。

次は公式データシートより(2sk2880.pdf)

今回は「2SJ498-C」ですので「アイテムC」となります。ドレイン電流の計算方法はNチャネル版をご覧ください。

次は2パターンを計算して実際にテスターで確認しました。

<計算上><実際>
必要な電流電圧抵抗値電流抵抗値
1mA0.2V200Ω1.09mA220Ω
0.5mA0.4V800Ω0.64mA560Ω + 220Ω

※同じ型番でも精度には個体差があります。

トランジスタのクイックリンク

トランジスタ(NPN) トランジスタ(PNP) ダーリントントランジスタ トランジスタアレイ(ソースドライバ) 絶縁ゲートバイポーラトランジスタ MOSFET パワーMOSFET(Nチャネル) パワーMOSFET(Pチャネル) JFET(Nチャネル) JFET(Pチャネル) サイリスタ





関連記事



公開日:2017年08月15日 最終更新日:2017年08月16日
記事NO:02524