TOP > カテゴリ > Ruby・Ruby on Rails >

Rails6のプロジェクト作成時の「RAILS_ENV=development environment is not defined in config/webpacker.yml, falling back to production environment」のエラー対策

Rails6では「Webpacker」がデフォルトでJavaScriptを管理します。

そのWebpackerにはJavaScriptのパッケージマネージャーである「Yarn」(ヤーン)が必要です。ですので、今回のエラーはYarnが未インストールの場合に発生します。

1. エラー内容

原文

RAILS_ENV=development environment is not defined in config/webpacker.yml, falling back to production environment

和訳

RAILS_ENV = development環境はconfig / webpacker.ymlで定義されておらず、本番環境にフォールバックします

2. 対応方法

2-1. Yarnのインストール

Ubuntu

curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | sudo apt-key add -
echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
sudo apt-get update && sudo apt-get install yarn

https://yarnpkg.com/lang/ja/docs/install/#debian-stable (公式)

Centos

curl --silent --location https://dl.yarnpkg.com/rpm/yarn.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/yarn.repo
sudo yum install yarn

https://yarnpkg.com/lang/ja/docs/install/#centos-stable (公式)

2-2. webpacker:install

対象のプロジェクトで次のコマンドを実行します。

bin/rails webpacker:install

これで、対応完了です。





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2019年10月23日
記事NO:02797