TOP > カテゴリ > Windows >

削除した付箋紙を復旧・復活させる方法[Windows7/10]

Windows標準の「付箋紙アプリ」を使用している方は多いと思います。メモ帳のようにシンプルで使い勝手が良い付箋紙ですが、困った点は誤操作で右上の×印を押してしまうと、付箋紙が削除されてしまう事です。付箋紙を一度、削除するとアプリの基本操作では復旧する事は出来ません。

そこで、今回は「以前のバージョンの復元」(復元ポイント)というWindows7からのOS機能を使用して付箋紙の内容を復元したいと思います。

状態遷移

[最初の状態]

[一番左を削除した状態]

[復旧後]

この復旧は「復元ポイント」(7日毎に自動バックアップ)から復元するものです。ですので、復元ポイント(バックアップ)が直前の状態では無い場合がありますので、注意してください。

復元・復旧の方法

タスクバーにある付箋紙アプリの上で右クリックをして「ウインドウを閉じる」で終了させます。※再度、実行するにはスタートメニューのアクセサリから起動します。

次のパスをクリップボードにコピーします。 (\は¥です。)

%AppData%\Microsoft\Sticky Notes

エクスプローラーのアドレスバーに上記の内容を貼り付けた後にエンターボタンを押します。

「StickyNotes.snt」というファイルが表示されますので、ファイルを選択後に右クリックを押して「プロパティ」を選択します。すると、「StickyNotes.sntのプロパティ」が表示されます。

次に「以前のバージョン」タブを選択して、数秒待つと復元ポイントが表示されます。

任意の日付の復元ポイントを選択して「復元」ボタンを押すと復元の完了です。

復元ポイントの有効/無効/作成

Windows7での復元ポイントの各種設定はスタートメニューの「コンピューター」を右クリックで表示される「プロパティ」を選択します。その次に「システムの保護」を選択します。すると、システムのプロパティが表示されます。

「構成」ボタンで復元ポイントの有効/無効を切り替えます。「作成」ボタンで復元ポイントを手動で作成します。

復元ポイントのバックアップ設定

復元ポイントは標準では7日毎に自動作成されますが、作成する周期を変更するにはスタートメニューの「コンピューター」を右クリックで表示される「プロパティ」を選択します。次に「管理」を選択します。すると、コンピューターの管理が表示されます。

あとは「タスクスケジューラライブラリ」「Microsoft」「Windows」「SystemRestore」を任意の設定にするだけです。





関連記事



公開日:2016年10月17日
記事NO:02177