TOP > カテゴリ > Windows >

バッチをクリックするだけでIPアドレスやDHCPを自動で設定する

Windows7でネットワークの設定を切り替える際には「コントロールパネル」または「ネットワークアイコンを右クリック」から「アダプターの設定の変更」で、対象のアダプター(ローカル エリア接続やワイヤレス ネットワーク接続など)を右クリックして「インターネットプロトコルバージョン 4(TCP/IPv4)」をダブルクリックします。

これで、ようやくDHCPやIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイ、DNSなどを設定する事ができます。

今回は、この不便なネットワーク設定をバッチファイルをクリックするだけで、自動設定してくれる方法をご紹介します。

DHCPを有効にする

「ワイヤレス ネットワーク接続」というアダプター名は「ローカル エリア接続」や「ワイヤレス ネットワーク接続 2」など各自の環境に合わせてください。

rem /* DHCPに設定する */
netsh interface ip set address "ワイヤレス ネットワーク接続" dhcp
netsh interface ip set dns "ワイヤレス ネットワーク接続" dhcp
netsh interface ip set wins "ワイヤレス ネットワーク接続" dhcp

rem /* 一時停止*/
pause

IPアドレス、マスク、ゲートウェイ、DNSを設定する

rem /* IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイの設定 */
netsh interface ip set address "ワイヤレス ネットワーク接続" static 192.168.1.3 255.255.255.0 192.168.1.1

rem /* DNSサーバーの設定 */
netsh interface ip set dns "ワイヤレス ネットワーク接続" static 192.168.1.1 primary

rem /* 一時停止*/
pause

使い方

上記で使用する方をコピペしてテキストエディタに貼り付けます。保存する時の文字コードは「Shift-JIS」にします。ファイルの拡張子は「xxx.bat」となります。xxxは任意のファイル名です。

このバッチファイルを実行するには管理者権限が必要ですので、ファイルを右クリックして「管理者として実行」を選択して実行してください。





関連記事



公開日:2017年04月25日
記事NO:02339