TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

オペアンプで2曲を1曲に合成する実験 [加算回路]

オーディオ用のオペアンプで「パソコンから流れている音楽」と「スマートフォンから流れている音楽」の2曲を1曲に合成してスピーカーで鳴らします。

オペアンプが初めての方はオペアンプ(NJM4580/OPA2134)によるスピーカーの実験 を先にご覧ください。

使用部品・材料

総額で約1,355円です。(オペアンプはピン配置が同じならばなんでもOK)

部品/材料値段備考
サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード¥500Amazon.com
2回路入HiFiオペアンプ NJM4580DD¥25秋月電子の通販コード(I-00069)
3.5mmステレオミニジャックDIP化キット AE-PHONE-JACK-DIP (2個)¥300秋月電子の通販コード(K-05363)
オーディオケーブル (2本)¥200両端が3.5mmステレオミニプラグです。

パソコンまたはヘッドフォン端子等に接続して原音を取得します。100円ショップだと「AUXオーディオ接続コード」「AUXオーディオリールケーブル」などの名称で販売されています。
スピーカー 8Ω8W¥100W(ワット)数が大きい方が良いです。

秋月電子の通販コード(P-03285)
両端ロングピンヘッダ 1×40 (40P 6.1)¥50スピーカーの端子接続用。このピンヘッダはサイズ少し大きいのでジャンパーワイヤーで代用した方が良いかもです。

秋月電子の通販コード(C-09056)
9V電池 (2個)¥100100円ショップ
ジャンパーワイヤー付バッテリースナップ(縦型)(2個)¥80秋月電子の通販コード(P-09032)
カーボン抵抗器数円1kΩ(2個)、220Ω(3個)を使用。

テスト用動画

男女のツインボール(陰陽座)

高音、中音、低音の女性3人ボーカル(Kalafina)

配線図

9V電池2個による正負電源(±9V)は最後に配線して下さい。最初に正負電源から配線するとICなどが焼損する場合がありますのでご注意ください。

オーディオの原音は「左音声」(L)を使用していますが、音声が出ない場合は「右音声」(R)に接続して下さい。

次は公式データシートより(NJM4580_j.pdf)

加算回路 (Wikipedeiaより)

反転増幅回路

今回は「加算回路」です。回路図を見て頂くとわかるように、前回の反転増幅回路と比べると音声入力のRin(R1)以外にも音声入力を複数、追加できます。

ですので、オペアンプICの限界まで何曲でも合成可能です。





関連記事



公開日:2017年09月07日
記事NO:02562