TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

APDS9960を照度センサー(RGB)にする [Arduino]

今回はジェスチャーセンサーの「APDS9960」を「周囲の明るさ」と「色」(各RGB)を取得できる照度センサーにします。

ジェスチャーセンサーに物体(手や物など)を近づけると「Ambient」(周囲の明るさ)と各RGBの割合が表示されます。

各RGBは一般的にコンピュータで使用される0-255の範囲ではなく、周囲の明るさに対する「各色の割合」を示しています。

テストする際はセンサーの有効範囲である約5cm以内に赤色、緑色、青色を近づけるとわかると思います。

この記事はジェスチャーセンサー(APDS9960)の使い方の続編となります。ライブラリのインストールなどがお済でない方は先にご覧ください。

使用部品・材料

総額で約1,310円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード¥500Amazon.com
APDS9960使用光学式ジェスチャーセンサモジュールキット¥600秋月電子の通販コード(K-09754)
電解コンデンサー10μF50V85℃ (ルビコンPK)¥10秋月電子の通販コード(P-03116)
I2Cバス用双方向電圧レベル変換モジュール(FXMA2102)¥200秋月電子の通販コード(M-05825)

配線図

スケッチ(プログラム)

今回のスケッチはArduino IDEのメニューの[ファイル][スケッチ例][SparkFun APDS9960 RGB and Gesture Sensor][ColorSensor]です。





関連記事



公開日:2017年08月01日
記事NO:02508