TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

3Vのボタン電池(CR2032)の使い方

3Vボタン電池のCR2032は「電子工作」やパソコンのマザーボードの「RTC用電源」に使用されるなど広く普及しています。

今回は数ある中でも一般的な計3種類のホルダー、キットをご紹介します。

1. ボタン電池基板取付用ホルダー(小型)

2. ボタン電池基板取付用ホルダー(縦・小型)

3. CR2032電池電源ボードキット

使用部品・材料

総額で約550円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
ボタン電池基板取付用ホルダー CR2032用(縦・小型)¥50秋月電子の通販コード(P-01443)
ボタン電池基板取付用ホルダー CR2032用(小型タイプ)¥50秋月電子の通販コード(P-00706)
CR2032電池電源ボードキット¥1803V用のLED、カーボン抵抗器、ターミナルブロック(ドライバーでリード線を固定できる部品)が付属。

秋月電子の通販コード(K-09184)
コネクタ付コード(みの虫×ジャンパーワイヤ)任意秋月電子の通販コード(C-08916)
耐熱電子ワイヤー 2m×7色 外径1.22mm(UL3265 AWG24)任意ターミナルブロック用。
秋月電子の通販コード(P-06756)

1. ボタン電池基板取付用ホルダー(小型)

このホルダーはブレッドボードの「+」「-」に差し込めます。

[コネクタ付コードの使用例]

2. ボタン電池基板取付用ホルダー(縦・小型)

このホルダーもブレッドボードの「+」「-」に差し込めますが、1のタイプと比べてブレッドボードから外れやすいので注意が必要です。

[コネクタ付コードの使用例]

3. CR2032電池電源ボードキット

この電源ボードキットは自分で「はんだ付け」をする必要があります。

キットの細ピンヘッダから電源を取る事も可能ですが、今回はターミナルブロックにリード線を装着して、さらにコネクタ付コードを使用しています。

このキットは「はんだ付け」をする際に基盤のランドから「はんだ」が弾かれやすく「はんだ付け」がやりにくいのでご注意下さい。

基盤と細ピンヘッダの「はんだ付け」は、細ピンヘッダをブレッドボードに差してその上に基盤を置くと「はんだ付け」がしやすいです。





関連記事



公開日:2017年06月17日 最終更新日:2017年06月20日
記事NO:02424