TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

バナナをセンサーにする [Arduino]

バナナをタッチセンサーにしてみました。

※バナナに触るとLEDが点灯します。

使用部品・材料

総額で約390円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
カーボン抵抗器数円1MΩ(1個)、220Ω(1個)を使用。
5mm赤色LED OSDR5113A¥20秋月電子の通販コード(I-11655)
バナナ¥100定番は「アルミホイル」を使用するのですが、バナナでもOKでした。リンゴなどでもいけると思います。

配線図

ライブラリ

今回はオープンソースの「Capacitive Library」を使用しています。

Arduino Capacitive Library (ライブラリのダウンロード)

[インストール方法]

Arduino IDEのメニューの[スケッチ][ライブラリをインクルード][.ZIP形式のライブラリをインストール]でダウンロードしたファイルを指定します。

スケッチ(プログラム)

バナナに「0.005mA」(5V/1MΩ)の電流を流します。

バナナをタッチした際の電流変化を「CapacitiveSensor」で読み取り、500以上ならばLEDを点灯させます。

#include <CapacitiveSensor.h>

// 4ピン : 電気エネルギーを送信します。
// 2ピン : センサーで変化を感知します。
CapacitiveSensor capSensor = CapacitiveSensor(4, 2);

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  pinMode(8,OUTPUT);
}
 
void loop(){
  // バナナセンサーの値を取得する
  long sensorValue = capSensor.capacitiveSensor(30);

  Serial.println(sensorValue);

  // 500以上ならばLEDをオンにする
  if (sensorValue > 500) {
    digitalWrite(8, HIGH);
  }else {
    digitalWrite(8, LOW);
  }

  delay(10);
}

※1MΩの抵抗値や500という閾値は各自の環境に合わせてください。





関連記事



公開日:2017年05月27日 最終更新日:2017年08月20日
記事NO:02399