TOP > カテゴリ > サーバー構築・運用・Linux >

POP3/IMAPサーバーをDovecotで構築する [CentOS]

CentOSで各種サーバー構築(目次)

CentOSにDovecotをインストールする際の各種設定です。

前提条件

開発者の為のメール送受信サーバー(Postfix)の構築方法

1. Dovecotのインストール

sudo yum -y install dovecot

2. Dovecotの設定

2.1 dovecot.conf

sudo vi /etc/dovecot/dovecot.conf

[dovecot.conf]

protocols = imap pop3

2.2 10-mail.conf

sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf 

[10-mail.conf]

mail_location = maildir:~/Maildir

2.3 10-auth.conf

sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

[10-auth.conf]

disable_plaintext_auth = no
auth_mechanisms = plain login

2.4 10-ssl.conf

sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf

[10-ssl.conf]

2.5 10-master.conf

sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf 

[10-master.conf ]

unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {
  mode = 0666
  user = postfix
  group = postfix
} 

3. サービスの設定

// Dovecotの起動
sudo systemctl start dovecot
// Dovecotの自動起動設定
sudo systemctl enable dovecot
// Dovecotの状態
sudo systemctl status dovecot

4. ポート開放

外部からメールを受信する場合のみ開放して下さい。その際にはパスワードが平文で流れないようにSSLの環境構築は必須です。また、SquirrelMailやRoundCubeなどのサーバー内部でIMAPを使用するWebメールシステムならば、ポートを開放する必要はありません。

// POP3(110)
sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=pop3

// IMAP(143)
sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=imap

// firewallのリロード
sudo firewall-cmd --reload
 
// 状態を確認
sudo firewall-cmd --list-all

// 登録可能なサービス一覧
sudo firewall-cmd --get-services

5. メールユーザー追加

// Linuxにログインできないユーザー(testuser)を作成する 
// ※SSHによるリモート接続が禁止されるユーザーの作成
sudo useradd  -s /sbin/nologin testuser
// パスワード設定
sudo passwd testuser
 
// ユーザー一覧
cat /etc/passwd

参考文献

ConoHaの薄い本(VPSで自分専用のメールサーバーを立てよう!)
Dovecotの設定(CentOS 7)
メールサーバー構築(Postfix+Dovecot)





関連記事



公開日:2019年11月22日 最終更新日:2019年11月30日
記事NO:02803