TOP > カテゴリ > JavaScript >

[OpenLayers]KMLファイルを読み込む

OpenLayersでKMLファイルを読み込むサンプルです。GPSデータとしてKMLファイルを読み込めれば、遠足や登山計画などの移動コースを地図で表示する事が可能になります。

サンプル

KMLファイルを読み込むサンプルです。地図には赤い線で御殿場駅から富士山までのルートが表示されています。

サンプルコード

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<script src="http://portal.cyberjapan.jp/sys/OpenLayers-current/OpenLayers.js"></script>
<script type="text/javascript">

  // 座標系の設定
  var projection3857 = new OpenLayers.Projection("EPSG:3857");
  var projection4326 = new OpenLayers.Projection("EPSG:4326");
  
  var map = null;
  
  // -------------------------------------------------------------------------
  //  マップの生成
  //
  //  fx             経度(例:富士山 138.731388) ※1 
  //  fy             緯度(例:富士山 35.362222) 
  //  izoom          表示倍率(用途にもよりますが10ぐらいが目安)
  //  imaxZoomLevel  最大倍率(用途にもよりますが17ぐらいが目安)
  //
  //   ※1 googleマップや地理院地図の検索では「緯度,経度」の順番です。 
  function init_map(fx,fy,izoom,imaxZoomLevel){
    
    
    // マップの生成
    map = new OpenLayers.Map({
      div: "map",
      projection: projection3857,
      displayProjection: projection4326,
    });

    // レイヤーの生成
    map.addLayer(new OpenLayers.Layer.XYZ(
         "標準地図",  // レイヤー名
         "http://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/${z}/${x}/${y}.png", // url
          { 
            // options(attribution:帰属,,minZoomLevel:最小倍率(未使用),maxZoomLevel:最大倍率)
            attribution  : "<a href='http://www.gsi.go.jp/kikakuchousei/kikakuchousei40182.html' target='_blank'>国土地理院</a>", 
            maxZoomLevel : imaxZoomLevel 
          }
          ));
        
          
    // KMLファイルの読込み
    var kmlLayer = new OpenLayers.Layer.Vector('GPSデータ', {
           projection: projection4326,
           strategies: [new OpenLayers.Strategy.Fixed()],
           protocol: new OpenLayers.Protocol.HTTP({
             url: "test.kml", // HTTPなのでローカルのファイルは読み込みません。
             format: new OpenLayers.Format.KML({
                 extractStyles: true, 
                 extractAttributes: true,
                 maxDepth: 2})
           })
         });
    map.addLayer(kmlLayer);
        
    // マップの中心を設定
    map.setCenter(new OpenLayers.LonLat(
                        fx, // X:経度
                        fy  // Y:緯度
                      ).transform(projection4326, projection3857),// 座標系 
                      izoom // デフォルトズームレベル
                      );                

    // Layer 切替スイッチ表示
    map.addControl(new OpenLayers.Control.LayerSwitcher()); 
  }
  
  // onloadイベント
  window.onload = function() {
    
    // マップの生成(経度、緯度、倍率、最大倍率)
    init_map(138.799588,35.307929,11,18);
    
  }
     
</script>
<style type="text/css">

  /* 国土地理院の出典表示用 */
  body {padding: 0; margin: 0}
  div.olControlAttribution {
    padding: 3px;
    color:#000000;
    background-color:#ffffff;
    background-color:rgba(230,255,255,0.7);
    font-size:12px;
    line-height:14px;
    bottom:5px;
    vertical-align: middle;
  }
</style>
</head>
<body>

<!-- マップの表示エリア -->
<div id="map" style="height: 350px; width: 100%;"></div>

</body>
</html>

KMLファイルのダウンロード
openlayers_map_example11.kml
※サンプルコード内のファイル名と異なりますので注意して下さい。

サンプルの解説

レイヤーをベクターで作成して、「new OpenLayers.Protocol.HTTP」でKMLファイルを読み込みます。

動作環境

このサンプルは「OpenLayers2.13.1」で動作確認をしております。その他のバージョンですと動作しない場合もございますのでご了承ください。

OpenLayers関連記事

国土地理院の地図をブログやWEBサイトで使用する
地図に便利なコントロールを追加する1
地図に便利なコントロールを追加する2
複数のレイヤーを重ねてレイヤーを切り替え
中央に十字線(センターマーカー)を表示する
左右に切れ目のない地図を表示する
緯度、経度、ズームレベルを取得する
地図にマーカーを設定する
マーカーにクリックイベントを設定する
マーカーの説明をポップアップする
KMLファイルを読み込む

公式リンク

地理院タイルを用いた開発(国土地理院)
OpenLayers2.13.1の解説(英語 -公式)
OpenLayers2.13.1のexamples(英語 -公式)






公開日:2015年03月29日 最終更新日:2015年04月05日
記事NO:00608