TOP > カテゴリ > JavaScript >

複数画像をGIFアニメに変換する「GIFAnime.js」の使い方[公式]

Javascriptで複数画像をGIFアニメに変換する「GIFAnime.js」の使い方です。

ブラウザがChromeの場合は、Chromeのセキュリティ仕様でローカルで実行するとエラーが発生します。回避策はサーバーにHTMLファイルをアップするか、エラー回避方法をご覧ください。

ダウンロード

GIFAnime.js
ダウンロードの方法がわからない方はこちらからです。

DEMO

http://www.petitmonte.com/labo/gif-anime/
こちらのサイトはGIFAnime.jsを使用した例です。

使い方

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<style>
table{
  margin: 0 8px 0 18px;  
  border: 1px solid #1e90ff;  
  border-collapse: collapse;
}

table th{
  padding:5px;
  font-size:14px;  
  border: 1px solid #1e90ff;
  background:#f0f8ff;
}

table td{
  padding:5px;
  font-size:14px;
  border:1px solid silver;
  background-color:#ddd;
}
</style>
<script src="GIFAnime.js"></script>
<script>
var src_img,src_canvas,src_ctx;

// ImageList Object (including settings)
var imageList = [];

// Transparent color : White color
// (透明色 : 白色)
var r=255,g=255,b=255;

// overlaid (1: Leave the image in the next frame 2: Do not leave images in the next frame)
// When there is no transparent color, it becomes 2
// (重ね方  1:次回のフレームに画像を残す 2:次回のフレームに画像を残さない ※透明色が無い場合は2となる)
var overlaid;

// Display time  "1 second = 100" and the default "50" will be "0.5 seconds". (0-65535)
// (表示時間  「1秒=100」でデフォルトの「50」は「0.5秒」となります。[0-65535])
var delaytime = 50;

// Number of repetitions of animation (0 is infinite)
// The number of times may vary depending on the browser. 
// (アニメーションの繰り返し回数 [0は無限] ※ブラウザによって回数が異なる場合があります。)
var repeatcount = 0;  
  
window.onload = function () {  
  src_img = document.getElementById("SrcImage");
  src_canvas = document.getElementById("SrcCanvas");
  src_ctx = src_canvas.getContext("2d");        
}

function overlaid(value){      
                     
  // Transparent flag (true or false)
  // 透明フラグ (true : 透明あり false : 透明なし)  
  var transflg; 
  if(value === 1){
    transflg = true;
  }else{
    transflg = false;    
  }     
      
  for(var i = 0; i < 3; i++){
    
    // Generate ImageData 
    // (ImageDataの生成)    
    var src_img = document.getElementById("SrcImage" + (i+1));
    src_canvas.width  = src_img.width;
    src_canvas.height = src_img.height;        
    src_ctx.drawImage(src_img,0,0);  
    imageList[i] = src_ctx.getImageData(0,0,src_canvas.width,src_canvas.height);   
    
    // Reduce the color to 256 colors 
    // when the number of colors of the image is larger than 256 colors
    // (画像の色数が256色より多い場合は256色に減色する)
    var MedianCut = null;
    var colors = getColorInfo(imageList[i]);   
    if(colors.length > 256){   
      MedianCut = new TMedianCut(imageList[i],colors);
      MedianCut.run(256,true); 
    }                                     
    
    // ImageList settings
    // (ImageListの設定)
    imageList[i]['transflg']  = transflg;
    imageList[i]['overlaid']  = value; 
    imageList[i]['delaytime'] = delaytime;    
    
    // Setting of color palette
    // (カラーパレットの設定)
    if(MedianCut){
      imageList[i]['colors'] = MedianCut.rep_color;
    }else{
      imageList[i]['colors'] = colors;
    }        
  }
  
  // Generation of GIF animation    
  // (GIFアニメの生成)
  GIFWriter = new TGIFAnime(imageList,repeatcount);
  if(transflg){
    GIFWriter.SaveToFile("untitle.gif",r,g,b);
  }else{
    GIFWriter.SaveToFile("untitle.gif");
  }
}  
</script>
</head>
<body>
<canvas id="SrcCanvas" style="display:none;"></canvas>
<p>[Original image]</p>
<table>
 <tr><th>Image1<br>(48x48)</th><th>Image2<br>(48x48)</th><th>Image3<br>(48x48)</th></tr>
 <tr><td><img id="SrcImage1" src="1.png"></td>
     <td><img id="SrcImage2" src="2.png"></td>
     <td><img id="SrcImage3" src="3.png"></td></tr>
</table>
<p>[Types of animation]</p>
<table>
 <tr><th>overlaid = 1<br>transflg = true</th><th>overlaid = 2<br>transflg = false</th></tr>
 <tr><td><img  src="overlaid1.gif"></td><td><img  src="overlaid2.gif"></td></tr>
 <tr><td><button onclick="overlaid(1);" style="font-size:24px;">Output1</button></td>
     <td><button onclick="overlaid(2);" style="font-size:24px;">Output2</button> 
</td></tr>
</table>
</body>
</html>

※画像はGIFAnime.jsから入手して下さい。

関数

画像のカラー情報を取得する
関数function getColorInfo(imagedata)
引数imagedata: ImageDataオブジェクト
戻り値カラー情報のオブジェクト

ImageListのプロパティ

画像の重ね方
プロパティImageList[index]['overlaid']
内容1:次回のフレームに画像を残す 2:次回のフレームに画像を残さない
※透明色が無い場合は2となる

表示時間
プロパティImageList[index]['delaytime']
内容「1秒=100」でデフォルトの「50」は「0.5秒」となります。[0-65535]

透明フラグ
プロパティImageList[index]['transflg']
内容true : 透明あり false : 透明なし
※trueを指定した場合はTGIFAnime.SaveToFileの引数にr/g/bを設定する必要があります。

カラーパレット
プロパティImageList[index]['colors']
内容getColorInfo()で取得したオブジェクト、
またはTMedianCut.rep_colorを指定する

TGIFAnimeのコンストラクタ

クラスを生成
コンストラクタnew TGIFAnime(imagelist, repeatcount)
引数imagelist : ImageListオブジェクト
repeatcount: アニメーションの繰り返し回数(0は無限)
戻り値TGIFAnimeオブジェクト

TGIFAnimeのメソッド

GIFファイルの生成
メソッドTGIFAnime.SaveToFile(FileName, r, g, b)
引数FileName : 出力するファイル名
r : 背景を透過する色(0 - 255)
g : 背景を透過する色(0 - 255)
b : 背景を透過する色(0 - 255)
※r/g/bはImageList[index]['transflg']が全てfalseならば省略可能
戻り値なし

※TMedianCutは画像を高品質に減色する「MedianCut.js」の使い方をご覧ください。

応用

このまま関数を実行すると、JavaScriptはシングルスレッドですので重いです。そこで、HTML5の新機能であるWeb Workerを使用するとマルチスレッドで並列処理が可能です。

Web Workerの使い方はWeb Workerを使用してプログレスバーをマルチスレッドで動かすをご覧ください。





関連記事



公開日:2016年12月15日
記事NO:02231