TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

ATmega328Pの交換方法 [Arduino]

Arduino UNOに搭載されている「ATmega328P-PU」の交換方法です。

交換方法

ATmega328P-PUは「マイナスドライバー」または「IC引き抜き工具」などを使用して取り外す事が可能です。

マイナスドライバーは100円ショップのものでも構いません。

IC引き抜き工具に関しては安いものから高めのものがあります。個人的には「サンハヤト IC引抜冶具 GX-7」が良さそうですが2,627円です。この値段だとArduinoがもう1個買える値段ですので、考えてしまいますね。

そもそも、ATmega328P-PUの横にはコンデンサがあるので、このGX-7のタイプだと使用できない可能性があります。

結局、アマゾンプライムで直ぐに届く「エンジニア 基板コネクター抜き SS-10」(880円)を購入してみましたが、元々、スッテピングモーターなどの嵌合型コネクタの脱着用でしたので、ICを引抜くは出来ませんでした。

ですので、今回はマイナスドライバーでICを引抜きます。

マイナスドライバーを使用する

マイナスドライバーをICとICソケットの隙間に挟みます。

優しくドライバーの手前を持ち上げるとICがほんの少し上に向きます。反対側も同じように繰り返していくとICが ICソケットから外れます。

あとは、ICを取り付けるだけですがICには向きがありますのでご注意ください。(向きは3枚目の写真をご覧ください。)

取り付ける前に「ピンそろった」でピンを揃えると簡単に挿入できます。

ICソケットが破損した場合

万が一、ICソケットが破損した場合は秋月電子で1個20円で販売されていますので交換可能です。

部品/材料値段備考
ICソケット (28P) スリム300milタイプ(10個入)¥200秋月電子の通販コード(P-00013)





関連記事



公開日:2017年08月20日
記事NO:02532