TOP > カテゴリ > 料理 >

料理の基本は包丁から[家庭用包丁の選び方]

料理の基本は「包丁を選ぶ」事からはじまります。はじめて包丁を購入する際の家庭用包丁は三徳包丁(万能包丁/文化包丁とも呼ばれます)で良いと思います。包丁は切れ味抜群、サビに強く、お手入れ簡単で手頃の包丁が最適です。

Wikipedeiaで補足:三徳包丁

包丁の選び方

家庭用の包丁は3000円~7000円前後で購入できる包丁を選びます。

包丁の素材はステンレスのみ場合は切れ味が悪い事が多いので、刃の中心に「鋼(ハガネ)」があるものを選びます。鋼といっても「特殊刃物鋼」だとお手入れが楽です。また、サビにくいステンレスの中心に特殊刃物鋼があるものが良いです。

次に外国の包丁は避けて日本製品のものにします。

包丁を研ぐ方は限りなく少ないですので、切れ味がわるくなったら買い換えるように値段は手頃のものにします。

私が購入した包丁

私が購入した包丁は「DPゴールド本割込包丁」(堺の包丁)をホームセンターで4680円で購入しました。切れ味が抜群でサビに強く、お手入れ簡単で手頃な値段で大変、満足しています。(家庭用)

包丁の刻印は「堺 秀治 作 GOLD本割込」と刻まれています。

包丁の切れ味 - DPゴールド本割込包丁

実際にキャベツを切ってみました。

今度はダイコンです。

※私の腕は未熟なので上手い方が切ればもっと細く綺麗に切れると思います。

DPゴールド本割込包丁

DPゴールド本割込包丁の箱の写真です。(表面)

裏面です。

表面の上部の拡大写真です。

表面の下部の拡大写真です。

DPゴールド本割込包丁はなんといっても、切れ味が悪くなった時に「無料」で包丁を研いでくれます。但し、1回限りとなっています。

※DPゴールド本割込包丁の製作者は「堺 秀治」で販売者は「株式会社テイク.ツウ」となります。

包丁の使い方

料理人の「がんちゃん」という方が包丁の使い方を動画で解説しています。





公開日:2015年09月11日
記事NO:01345