TOP > カテゴリ > PHP >

Facebookの記事を自動で投稿する

Facebookの記事を自動で投稿するサンプルをご紹介します。SDKを使用して書き込みをしますので比較的、簡単に自動投稿する事ができます。サンプルで使用する言語はPHPです。

1.開発者ページでアプリを登録する

まずは公式の開発者ページ(Facebook Developers)でWEBサイトをアプリ登録します。上部にある「MyApps」メニュー「Add a New App」から登録できます。

今度は「MyApps」メニューから作成したアプリを選択します。そうするとダッシュボード画面が表示されます。

ここで確認して頂きたいのがアプリ名の右側にある緑色の○(空白のまる)です。この状態ですとSandBoxモードとなります。このままだと自動投稿ができませんので左メニューの「Status & Review」でYESに設定を変更します。(先に下記でメールアドレスを設定しないと変更できません)

次に「Settings」App DomainsContact Emailを登録します。App DomainsはWEBサイト、Contact Emailはメールアドレスです。

ここで自動投稿するのに必要な

・App ID(アプリケーションID)
・App Secret(アプリケーションシークレット)

をメモっておきます。

2.SDKをダウンロードする

こちらから「facebook-php-sdk」をダウンロードします。
https://github.com/facebookarchive/facebook-php-sdk

3.アクセストークンを取得する

このアクセストークンの取得方法が初めての方にはややこしいです。先程、メモしたApp ID,App Secret、あなたのWEBサイトのドメインを使用します。

・App ID(例:APPID)
・App Secret(例:APPSECRET)
・ドメイン(例:http://www.tanjoubi.org/)

この情報を元に下記のURLを実行していきます。
※例の部分はご自分の環境に置き換えてください。

3.1 仮コードを取得する

ブラウザで下記のURLを実行します。表示されるダイアログは確認後にOKを押してください。コンボボックスが表示されたら「公開」を選択(任意)します。

パラメータのoffline_accessとはアクセストークンの寿命で無期限となります。

https://www.facebook.com/dialog/oauth?client_id=APPID&redirect_uri=http://www.tanjoubi.org/&scope=manage_pages,publish_actions,offline_access

返却されたURLの「?code=」の後方の文字は全てメモって下さい。

http://www.tanjoubi.org/?code=ABCD...

3.2 アクセストークンを取得する(個人ユーザー用)

ブラウザで下記のURLを実行します。

https://graph.facebook.com/oauth/access_token?client_id=APPID&redirect_uri=http://www.tanjoubi.org/&client_secret=APPSECRET&code=3.1で取得した仮コード

表示されているコードがアクセストークンとなります。但し、このアクセストークンは個人ユーザー用となります。基本的に自動投稿するのはFacebookページだと思いますので次の章へ進んでください。

3.3 アクセストークンを取得する(Facebookページ用)

ブラウザで下記のURLを実行します。

https://graph.facebook.com/me/accounts?access_token=3.2で取得したアクセストークン

ここで表示されているのがFacebookページ用のアクセストークンとなります。access_tokenがアクセストークン、idがページIDとなります。

※複数のFacebookページがある場合は、Facebookの各ページを開き、基本データをクリックするとページ下部にFacebookページIDが表示されます。ページIDをにらめっこしながら使用するアクセストークンを選んでください。

3.3 アクセストークンの確認

Graph API Explorerでアクセストークンが正しく取得できているか確認できます。Access Tokenにトークンを入力してDebugをクリックします。

4.ここまでのまとめ

4つのIDを取得しました。

・App ID(アプリケーションID)
・App Secret(アプリケーションシークレット)
・Access Token(アクセストークン)
・Page ID(ページID)

次がいよいよ記事の自動投稿となります。

5.記事を自動投稿する

2.でダウンロードしたSDKを適宜、設置します。
あとは、以下のサンプルをコピペすれば自動投稿の完了です。

    require_once "./lib/facebook-php-sdk/facebook.php";  

    define("FACEBOOK_APPID"        , "");  // 自分のIDを使用します。
    define("FACEBOOK_SECRET"       , "");  // 自分のIDを使用します。
    define("FACEBOOK_ACCESSTOKEN"  , "");  // 自分のIDを使用します。 
    define("FACEBOOK_PAGEID"       , "");  // 自分のIDを使用します。
    
    $url         = "http://www.tanjoubi.org/";
    $description = "芸能人・有名人などのの誕生日のデータベースです。";
    $title       = "芸能人・有名人の誕生日" ;   
     
    $facebook = new Facebook(array(
      'appId'  => FACEBOOK_APPID,
      'secret' => FACEBOOK_SECRET,
      'cookie' => false,
    ));
     
    // アクセストークン
    $user_token = FACEBOOK_ACCESSTOKEN;
    
    // FacebookページID
    $pagesId = FACEBOOK_PAGEID;
     
    $data = array( 'access_token' => $user_token,
      
      // 記事の上部のメッセージ
      'message'     => $description ."\n" . $url,
          
      // 記事のURL
      'link'        => $url,    
      
      // 記事のタイトル
      'name'        => $title,  

      // 記事の説明
      'description' => $description,
      
      // --- 以下、未使用
      // キャプション 
      // ※設定なしはURL(ドメイン)が表示される 設定するとURLがここの文章になる
      'caption'     => '',
      // 左に表示される画像 
      // ※設定なしは自動で画像が表示される
      'picture'     => ''    
      
    );
    
    // facebookへ投稿
    $facebook->api("/$pagesId/feed", 'post', $data);

[実行例]





関連記事



公開日:2015年02月02日
記事NO:00175