VB6 インストーラ作成時 DLLを自動化

解決


えーさん  2009-07-10 02:48:49  No: 142183

新規でActivex DLLを使用し、DLLを作成しました。
既存のプログラムで使用する際に、参照設定より追加を行ったんですが、
客先側にEXEでプログラムを渡した際に、DLLも一緒に渡しました。

指定の場所にEXE及びDLLを置いたのは良いのですが、
DLLについては
  ①『C:\Program Files\XXX』へ『@@@.dll』を追加
  ②『スタート』--->『ファイル名を指定して実行』
     下記の名前の設定を行ってください
    『regsvr32 "C:\Program Files\XXX\@@@.dll"』
  で『@@@.dll』の使用が可能となります

しかし、インストーラ作成を行った際に、①についてはよいのですが、
②については自動化するやり方がわかりませんでした。

どなたか御存知でないでしょうか?


魔界の仮面弁士  2009-07-10 05:35:08  No: 142184

Visual Studio Installer で、パッケージに含めた ActvieX DLL ファイルのプロパティを開き、
その Register プロパティを [1 - vsifrSelfReg] にしてみてください。


えーさん  2009-07-24 03:16:56  No: 142185

返信が遅くなりました。
>Register プロパティを [1 - vsifrSelfReg] 
デフォルトで設定されていました。
作成したDLLを追加し、ビルドを通してインストーラを
実行を行ったところ、正常にdllを呼出せていました。

有難うございました。


※返信する前に利用規約をご確認ください。




  


  このエントリーをはてなブックマークに追加