VB6とVB2005のメッセージボックスの違いは?

解決


シー  2008-03-21 21:26:16  No: 139383

WindowsXPsp2、VB6とVB2005を使用しております。

VB6、VB2005共に、
Timer(Interval=100)で、
        Label1.Text = Label1.Text + 1(VB6はCaption)
を実行しています。

このときVB6では、メッセージボックスを表示することでタイマが止まり、
VB2005では、タイマは実行し続けます。

これらの違いが見られるのは何か原因があるのでしょうか?
またはVB2005で、そういう仕様になっただけなのでしょうか?

よろしくお願い致します。


魔界の仮面弁士  2008-03-21 23:02:01  No: 139384

> このときVB6では、メッセージボックスを表示することでタイマが止まり、

いえ、VB6 でも止まりませんよ。

開発環境から実行した場合は別ですけれども、実行環境として
EXE にコンパイルして実行する段階では、タイマは停止するはずです。


シー  2008-03-22 00:14:42  No: 139385

コンパイルして実行してみたところ、
確かにVB6でもタイマは止まらずに加算し続けました。

デバッグ実行とEXEからの実行に、このような差があるとは知りませんでした。

ありがとうございました。


※返信する前に利用規約をご確認ください。




  


  このエントリーをはてなブックマークに追加