TOP > カテゴリ > Word >

XMLマッピングウインドウ[Wordの基本操作(上級)]

操作対象

リボンの「開発」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

1.アドイン

アドインに関する設定を行う事ができます。※基本的に使用しません。

アドイン

Wordアドイン

COMアドイン

2.XMLマッピングウインドウ

XMLマッピングウインドウのアイコンを押すとサイドメニューに「XMLの対応付け」が表示されます。

使い方

「Creator」(作成者)の上で右クリックをして「コンテンツコントロールの挿入」で任意の形式を選択します。

コンテンツコントロールが挿入されましたね。

次に挿入された「作成者」(ここではIUnkonwの部分)の名前を「あいうえお」に変更してからファイルを保存します。

すると「ファイル」タブの「情報」で作成者を確認すると「あいうえお」に変更されている事が確認できます。

似たような機能としては「文書パーツオーガナイザー」の記事にある「文書のプロパティ」があります。「文書のプロパティ」は標準機能ですのでそちらの方を使用すると良いです。

コントロールの操作は「各コントロールの使い方」をご覧ください。

3.文書テンプレート

「Wordアドイン」と同じで「テンプレート」「XMLスキーマ」「XML拡張パック」「CSSの添付」の設定を変更することをできます。

※ほとんどの方は使用しない機能だと思います。

ワード講座のクイックリンク

ホーム 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) マクロ/VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年11月12日
記事NO:01571