TOP > カテゴリ > ソフトウェア >

「OpenToonz」の日本語化とプラグインのインストール[ジブリ作品にも使用された!?]

スタジオジブリの作品にも使用されたアニメーション製作ソフトウェアの「Toonz」がニコニコ動画のドワンゴ株式会社によりオープンソースの「OpenToonz」として公開されました。今回はその日本語化とプラグインのインストール方法をご紹介します。

プラグインのエフェクト

OpenToonzの入射光エフェクト

OpenToonzの波ガラスエフェクト

日本語化

OpenToonzをインストールするとメニューなどが英語で表示されます。

日本語化するにはメニューの「Customize」「Preferences」を選択します。

次に「Interface」を選択して右下の下部にある「Language」を「japanese」に変更します。

OpenToonzを再起動するとメニューなどが日本語化されます。

OpenToonzは2016年に公開されたばかりなので、ユーザビリティが内容に追いついていないです。今後のバージョンアップ時にはOpenToonzの最初の起動時に「言語の選択」をできるようにすれば、ユーザーが戸惑わなくて良いと思います。

プラグインのインストール

OpenToonzのプラグインは「入射光」(光の帯や天使の梯子などと呼ばれている)や「波ガラス」などのアニメーションのエフェクト機能を追加するものです。

プラグイン

DWANGO OpenToonz PluginsからMac OS X用, Windows用のどちらかをダウンロードします。

Windowsの場合はZIPファイル展開して「plugins」フォルダ内にあるファイルを全て「C:\OpenToonz 1.0 stuff\plugins」にコピーします。

これらのプラグインは「OpenCV」というライブラリを使用していますので、次は「OpenCV」をインストールします。

OpenCV

Windowsの場合は「OpenCV for Windows VERSION 3.1」をダウンロードして「opencv\build\x64\vc12\bin」にあるDLLファイルなどの全てのファイルを「C:\Program Files\OpenToonz 1.0」にコピーします。

後はOpenToonzを再起動するとインストールの完了となります。

プラグインは「エフェクト・スキマティック」で確認できます。

OpenToonzのアニメーションエフェクトである「エフェクト・スキマティック」の使い方は「入射光などのアニメーションエフェクトの使い方[OpenToonzの基本操作]」の記事でご紹介しますね。解説がないとOpenToonz固有の「クセ」があって非常にわかりにくいと思います。

公式リンク

OpenToonz





関連記事



公開日:2016年05月16日
記事NO:01952