TOP > カテゴリ > スマートフォン >

Xi(クロッシィ)からFOMA契約に変更してから機種変更をする[月々サポートの割引対応]

スマートフォンの月額料金を半額以下にする為には3G回線のFOMA対応機種でFOMA契約にする必要があります。FOMAはガラケーまたは古いスマートフォンに対応しています。

現在のXi(クロッシィ)だと最安のプランでも「カケホーダイプラン」「データSパック」「SPモード」で月額6500円、年間にすると78000円(税抜き)になります。今回はこの料金を半額以下にする方法をご紹介します。

XiからFOMA端末へ機種変更

今までは普通にFOMA端末を購入すれば「月々サポートの割引」に対応していましたが、2015年9月以降は「月々サポートの割引」には条件が付きました。次の条件はドコモの公式サイトからの引用です。

2014年9月以降に発売された機種を以下に該当する回線でご購入の場合、「月々サポート」の対象外です。
・過去6か月以内に機種購入手続きがなされている回線でのご購入
・過去6か月以内にXiからFOMAへの契約変更がなされている回線でのご購入
・過去6か月以内に持ち込みになった機種でドコモを新規契約されている回線でのご購入

早い話、最新版のガラケーに機種変更をする場合は「月々サポートの割引」が付かないってことです。最新のドコモのガラケーは「ARROWS ケータイ F-05G」「AQUOS ケータイ SH-06G」などですが「月々サポートの割引」がある場合とない場合の金額は次の通りです。

F-05G 36,288円(なし) 19,440円(あり)
SH-06G 36,288円(なし) 19,440円(あり)

ドコモとしてはXi契約の方が利益があるのでFOMAにして欲しくないと言う事ですね。

どうしたらいいのか?

(1) FOMA対応の中古のガラケーまたはスマホをドコモショップに持ち込み、XiからFOMA契約に変更します。※2015年9月7日追記 持ち込みなしでも契約変更が可能でした。

(2) 2014年9月より前に発売されている「SH-07F」または「F-07F」のガラケー(FOMA対応機種)は「月々サポートの割り引き」が適用されますのでどちらかを購入します。「SH-07F」は月々サポートありで9072円。「F-07F」は月々サポートありで19440円となります。

そして、FOMA対応機種をドコモで購入するとプランを「バリュープラン」にする事が出来ますので最安の「タイプSS バリュー 月額934円」を指定する事が出来ます。その他に「iモード 月額300円」や「パケ・ホーダイ ダブル 月額372円(最低)」に加入しても月額2000円以内に抑えられます。

これで1台目はガラケーとなりました。後は元々使用していたXi対応のスマートフォンにMVNOの格安SIMを差し込むだけです。MVNOは月のデータ通信量が3GBで900円前後で格安です。全てのMVNOの価格を一括検索するには「MVNOまとめくん」が便利です。

ドコモメール

ガラケーとスマートフォンの2台でdocomo.ne.jpのメールを共有するには1台目(FOMA側)をドコモメールにする必要があります。ドコモメールはガラケーならば「ARROWS ケータイ F-05G」「AQUOS ケータイ SH-06G」が対応しています。FOMA対応のスマートフォンは「REGZA Phone T-01D」のみとなります。

FOMA対応のスマートフォンの記事は「スマホ2台持ちで月額2215円、ドコモメール対応でネット無制限」をご覧ください。

関連記事

3Gx3Gの2回線を1つのスマホで切り替える[9980円のPriori2のレビュー]
3G+4Gの2回線を1つのスマホで同時待ち受けする[ガラケーとスマホの2台持ち解消!?]

関連リンク

格安スマホの比較と格安SIMのまとめ





関連記事



公開日:2015年09月06日 最終更新日:2016年08月06日
記事NO:01331