TOP > カテゴリ > スマートフォン >

3G+4Gの2回線を1つのスマホで同時待ち受けする[ガラケーとスマホの2台持ち解消!?]

「通話用のFOMA契約」の3G回線と「データ通信用のMVNO」の4G回線(LTE)の合計2枚のSIMを1つのスマホに差して「同時待ち受け」が可能なスマートフォンが登場しました。

これにより、ガラケーとスマホの2台持ちが解消されて1つのスマートフォンを持ち歩くだけで電話もデータ通信も可能となります。

1. デュアルSIMとは

1つのスマホに2つのSIMカードスロットがあるものを指します。このデュアルSIMは次のように3種類あります。

シングルスタンバイ

2枚のSIMで使用するSIMを選択します。1つのSIMのみ有効です。

※SIMの切り替えはスマホの画面から可能です。
※2016年6月までに国内で販売されているデュアルSIM対応スマホはこちらのシングルスタンバイになります。

デュアルアクティブ

2枚のSIMの両方の同時待ち受けが可能です。

※次節のデュアルスタンバイの上位版で2枚のSIMで同時に通話、通信が可能です。(現在、国内では対応している端末はありません)

デュアルスタンバイ

2枚のSIMの両方の同時待ち受けが可能です。

このデュアルスタンバイは通話している時はデータ通信が停止する仕組みになっています。データ通信中に着信があった場合は通話が優先されてデータ通信が停止されます。通話が終わればデータ通信が可能です。

デュアルスタンバイ対応端末

デュアルスタンバイに対応した端末は2016年7月22日発売の「Moto G4 Plus」と2016年8月中旬から9月頃に発売予定の「ASUS ZenFone 3」があります。

「Moto G4 Plus」は家電量販店、MVNO、amazonなどで販売しています。現在、amazonでは1週間~3週間待ち状態です。

2. Moto G4 Plus

価格とスペック

価格(税込)¥38,664

OSAndroid6.0
メモリ3GB
ストレージ32GB
電池容量3000mAh
ディスプレイ5.5型
ポケモンGO完全対応。

日本語の公式ページがありませんので、詳細はDMMを参照。

カードスロット

2つのSIMカード用スロットに加えて、SDメモリカード用のスロットが別に1つあります。(この端末の良い点)

FOMAプラスエリア

この端末は3G回線(W-CDMAまたはUMTS)が「Band1 / Band2 / Band5 / Band8 / Band19」に対応していますが、Band6の「FOMAプラスエリア」に対応していません。

FOMAプラスエリアは山間部や農村部など地方で使用されています。都市部にお住まいの方でFOMAプラスエリアに行かない方は問題ありませんが、FOMAプラスエリアに住居があるなどの方は、通話できなりますので注意が必要です。

FOMAプラスエリアはドコモのエリアマップで確認可能です。

Motorola

Motorola(モトローラ・モビリティ)は元々アメリカの企業でしたが、2011年8月15日にGoogleの子会社になり、Googleは2014年1月29日に中国のLenovo(レノボ)に売却してLenovoの子会社になりました。

ですので、スマホ起動時にはLenovoのロゴが表示されます。ロゴだけならばいいのですが、Lenovo製のパソコンはパーソナルデータを中国のサーバーに送信する実績がありますので、不安な方は控えた方が良いかも知れません。(Lenovo公式では個人を特定しない範囲で送信すると記載されています。)

レビュー記事(参考サイト)

Moto G4 Plus使用感

3. ASUS ZenFone 3

ASUSの端末はZenFone 3 (ZE552KL)、ZenFone 3 (ZE520KL)、ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)、ZenFone 3 Ultra (ZU680KL)の4種類あります。

発売日(予想)

2016年8月中旬から9月頃。

価格とスペック

価格¥30,000 ~ ¥90,000

OSAndroid6.0
メモリ3 ~ 6GB
ストレージ32 ~ 256GB
電池容量2650~ 4100mAh
ディスプレイ5.2 ~ 6.8型
ポケモンGO完全対応。

国内の公式情報はありませんので、次のサイトを参考にしました。

基本事項 - ZenFone 3(ASUS)まとめWiki
Zenfone 3 Deluxe, Zenfone 3, Zenfone 3 Ultraのスペックをチェック
「ZenFone 3」登場、7月29日発売
世界最高のパフォーマンス搭載「Zenfone 3」が堂々の登場!

カードスロット

2つのカードスロットがありますが、SIMカードとSDメモリカードで共有です。SDメモリカードを挿入するとSIMは1枚しか使用できません。ただし、ストレージの容量が大きいのでSDメモリカードを使用しない方が多いと思います。

FOMAプラスエリア

完全対応。

ASUS

ASUS(エイスース)は台湾の企業で20年ぐらい前からパソコンのマザーボードなどを製造、販売している日本でも信頼・実績がある企業です。

デュアルアクティブ

高機能のDeluxe版ではデュアルスタンバイではなく、デュアルアクティブに対応しているという情報もあります。

レビュー記事(参考サイト)

便利すぎる『ASUS ZenFone 3 ZE520KL』で「デュアルスタンバイ」を試してみた!-4G+3Gサービス同時待受可能

4. ZenFone2 Laser

ZenFone 3の発売日まで待ちきれない方は、デュアルSIMのシングルスタンバイのこの機種が良いかも知れません。ポケモンGOは問題なく動作しますが、ジャイロスコープが非搭載なのでAR機能は動作しません。

価格とスペック

価格¥20,800

OSAndroid5.0
メモリ2GB
ストレージ16GB
電池容量2400mAh
ディスプレイ5.0型
ポケモンGOプレイ可能。(ジャイロセンサーなし)

詳細は公式サイトを参照。

レビュー記事(参考サイト)

FomaSIMでお困りの皆さん、ZenFone2 LaserはXi端末ですが通話できます

5. 注意事項

端末はスペックなどを各自で調査して上、自己責任で購入してください。

関連記事

格安スマホでポケモンGOに対応している機種[一覧/まとめ]
ポケストップ地図の作り方[一覧/CSV]
ポケモンGOに最適な格安SIMのMVNOプラン[月額0円~]
3Gx3Gの2回線を1つのスマホで切り替える[9980円のPriori2のレビュー]





関連記事



公開日:2016年07月27日 最終更新日:2016年08月06日
記事NO:02103