TOP > カテゴリ > スマートフォン >

docomo withは格安スマホ(格安SIM/MVNO)の対抗馬で破壊力抜群 [もう2台持ち & デュアルSIM/DSDSは要らない]

2017年6月に発表されたドコモの新サービスである「docomo with」は格安スマホ(格安SIM/MVNOなどとも呼ばれる)の勢いを止める為の対抗馬です。

当初の対象機種は約3万円前後の「arrows Be F-05J」「Galaxy Feel SC-04J」の2機種だけでしたが、10月18日の発表によると同じく3万円前後の「AQUOS sense SH-01K」「MONO MO-01K」「らくらくスマートフォン me(F-03K)」が追加される予定です。

月額料金の比較

はじめに「docomo with」と「今までの節約術」の月額料金の比較表です。

1. docomo withとは

ドコモで対応機種を購入すると月額1500円(税込1620円)をケータイ料金から割り引くサービスです。

2. 今までは...

月々のケータイ料金を減らす節約術では

・ガラケー(3G)とスマホ(4G)の2台持ち
・スマホ(3G+4G)のデュアルSIMの切り替え(片方のみ通信可能)
・スマホ(3G+4G)のデュアルSIMの同時スタンバイ(DSDS)

が定番となっていましたが、本日(10月18日)のdocomo withの対応機種追加の発表により、今後のドコモの方向性が見えましたので「2台持ち」「デュアルSIM」「DSDS」は不要となります。

2-1. 二台持ち(デュアルSIM)の月額料金

一台目(電話専用の3G) ※ドコモ契約

契約内容料金
タイプSS バリュー934円
パケ・ホーダイ372円
SPモード300円
1,606円

二台目(通信専用の4G) ※最安のDMMモバイル契約

契約内容料金
データ通信プラン 1GB480円
480円

合計2,086円

3. これからのドコモ料金

今回は家族が3人以上いる、加えてデータ通信をあまり使用しないプランで計算します。データ通信は家族でシェア(共有)できます。

3-1. データ通信料

シェアパック5(小容量)(5GB)5,700円
シェアオプション(一人)
※シェアパック契約者は不要
500円

このシェアパックとシェアオプションを合計した金額を参加人数で割って分割請求や一人一人使用できるデータ通信量などを設定可能です。

4人家族の場合

契約内容料金
シェアパック5(小容量)(5GB)5,700円
シェアオプション 3人分1,500円
一人1,800円

3人家族の場合

契約内容料金
シェアパック5(小容量)(5GB)5,700円
シェアオプション 2人分1,000円
一人2,233円

3-2. 通話料

カケホーダイ2,700円
カケホーダイライト1,700円
シンプル980円

3-3. その他

SPモード300円

3-4. 最安の月額プラン

4人家族

契約内容料金
データ通信1,800円
シンプル980円
SPモード300円
3,080円
docomo with割引 -1,500円
1,580円

3人家族

契約内容料金
データ通信2,233円
シンプル980円
SPモード300円
3513円
docomo with割引 -1,500円
2,013円

となります。

最後に

docomo withの割引条件は対応機種を3万円前後で購入する必要がありますが、格安スマホでも同等なスペックではそれぐらいの値段はします。

ここ数年の格安SIMによる節約術は「docomo with」の登場により、ほぼ意味がないレベルに達したので「ドコモ契約1本」がデファクトスタンダードとなります。





関連記事



公開日:2017年10月18日 最終更新日:2017年10月20日
記事NO:02590